シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

堤防や漁港からウキを使った、僕なりのヤリイカの釣り方。

ヤリイカ

ヤリイカ釣り楽しんでいましたか?僕はフグが多くて発狂しながらもポツポツ楽しんでいます。楽しくて食べても美味いヤリイカ釣りの、僕なりのやり方をまとめながら、もっと釣れるようにお勉強していきたいと思います。

1年中どこかで釣れているんだけど、一番釣りを楽しめるのが産卵のために岸寄りする10月~4月。場所によっては6月まで。まさにこれから。寿命が1年と短く、シーズン後半になってくるとどんどんサイズアップしていきます。函館周辺の漁港だったら、場所によって群れの濃い薄いはあれど、どこの漁港でも釣れると思います。

ヤリイカ釣りの魅力は、とにかく美味しいんで釣れたら嬉しい!

テーラー(餌)を使ったヤリイカのウキ釣り

ヤリイカって道具に関しては適当でOKなんだけど、初心者さんには仕掛けがめっちゃめんどくさそう。覚えたら簡単なんだけどね^^ 気付いていないだけかもだけど、函館の釣具屋さんに初心者向けのセットって売ってるんですかね?

さぁこの覚えたら簡単なんだけど、初心者にはマジでめんどくさい、テーラーとウキを使ったヤリイカ釣りのタックルと仕掛けの紹介からしていきたいと思います。

  • 5メートルくらいの磯竿

ルアーで使っている長いロッドを代用しても使えるんだけど、テトラから狙う事が多いんで、できれば4メートルから5メートルは欲しいところ。

ヤリイカは主に夜に狙う事が多いので、テトラにぶつけたりトラブルが多め。とにかく安い磯竿で十分です。2000円~5000円くらい。

  • 3号のナイロンラインが150メートル巻けるくらいのスピニングリール

リールもやっすい適当のものでOKです。あまりデカいリールだと重さで疲れてしまうんで、3号のナイロンラインが150メートルくらい巻けるスピニングリールくらいがいいですね。

釣具屋さんで3号のラインが100メートル以上巻いてある、2000円~4000円のスピニングリールを購入するといいです。カゴ売りのでOK。

  • 2号か3号の電気ウキ

電気ウキのカラーは白・赤・オレンジ・緑・青と色々ありますが、暗闇でウキに集中していると目が疲れてしまうので赤かオレンジがいいかと思います。

ウキのタイプですが、最初は自立のウキがわかりやすくて初心者さん向け。慣れて来ると波や潮によってウキのタイプを変えたり、反応が弱いメスのヤリイカの繊細な当たりがわかるようなウキを使う人がいますが、これはウキ釣りにはまってからでいいと思います^^

  • ラインの太さにあったウキどめ

ウキをとめなければ、餌とウキが底まで沈んでしまうため、イカがいる深さに合わせてウキを固定するウキ止めが必要です。ナイロンラインの3号を使っているなら、3号のウキ止め。

こういう細かいのが初心者さんにはめんどくさいんですよね^^;

  • スナップ付きサルカン

餌を巻くテーラーにワンタッチで装着するためのスナップ付きサルカン。ライン⇒ウキ止め⇒ウキ⇒スナップ付きサルカン⇒ハリス⇒スナップ付きサルカン⇒テーラー。

  • 餌巻きテーラー

イカのウキ釣りのメインとなる餌巻きテーラー。発光するテーラーが海中で、潮にのってユラユラ漂いイカを寄せる。餌がなくても普通に釣れちゃうんだけど、餌がないとイカが違和感を抱いてテーラーを離してしまう事があって、そんな時に餌がついていると食べるのに夢中で離さないと。

適当にやっても釣れるんだけど、初心者さんにはアイテムが色々出てくるからめんどくさいウキ釣り。

竿とリール、仕掛け関係の予備も考えると1万円くらいで全部揃うかな。

釣具屋さんに行って、予算内でそろえてもらって、仕掛けも組んでもらって、ポイントも教えてもらうのが一番です^^

テーラーにつける餌

イカさんは強烈に目が良いといわれていて、視覚に頼って、夜の海を漂う発光したテーラーを見つけて近づいてきます。餌だと思って足を絡めて抱きついた時に、イカの吸盤には味覚に近い感覚があるようで、餌じゃないと判断した時はすぐに離してしまいます。

そんな時の餌!餌をつけなくても抱いた時にいい感じに針にかかってくれたら釣れるんですけどね^^

それと餌から滲み出るアミノ酸に寄ってくるとも言われていて、蒔餌みたいな効果なのかな。

餌に関しては、小魚や色々使っている人がいますが、基本は鳥のササミや胸肉の塩漬け。

買ってきた鳥に塩をまぶして重しをのせて、どんどん出てくる水分をカッチカチになるまで捨てるを繰り返すだけ。買って来てそのまま使ってもいいんだけど、餌持ちが全然違います。動画みたいにウキをつけないで、投げてエギングみたいに使っても普通に釣れます。

イカ釣りのポイント

入船漁港でイカ釣り

この時期、左堤防のテトラにはびっしりとイカのウキ釣りさんが並ぶ入船漁港。イカのウキ釣りは基本、漁港、磯で楽しむ釣りで、港内にもたまに入ってきますが、コンスタントに釣りたいならテトラからの沖狙い。

漁港によってテトラの危険度が違うんだけど、入船漁港は比較的安全。

ポイントは早い者勝ちなんで、しっかり安全装備をして、明るい昼間のうちに歩き易いテトラを確認してから入釣すると良いと思います。

どこの漁港でも釣れると思うんで、僕みたいな人が多いポイントが嫌な人は、昼間に漁港周りをして入りやすいポイントを探すのが良いと思います。人が殆どいないのに、たくさんイカが回遊してくるポイントはちゃんとあるので^^

テトラにイカ墨がべっとりついていたり、ヒントはたくさんあると思います。

初心者さん向けイカのウキ釣りで注意しておきたい事

  • ライントラブルがマジで最悪

安いリールに安いラインを巻いているせいか、バックラッシュがよく起こります。あと長い磯竿にウキやテーラーなどがついているので絡んだりと、一度のライントラブルでその日が終了って事なんかもあります。

ラインはリールにあまり巻きすぎず(70メートルくらい)、たまにチェックするのを忘れずに。

根ズレやテトラで擦れて切れちゃうこともあるんで、ラインチェックも欠かさずに。

人が多いポイントに行くと100%って言ってもいいくらい、切れたウキが漂ってますwウキも安いもんじゃないんでラインチェックは絶対!

  • 海面をライトで照らしてはいけない

イカの群れにライトを照らすと、凄い勢いで散って潜ってしまうので、作業に夢中になって水面を照らしていると、たまに怒鳴られている人を見かけます^^;

作業をする時は後ろを向いてするといいですね。

イカは光りに集まってくる小魚に寄ってくるので、基本光りは嫌います。一人で釣りをしている時に群れを発見した時なんかは、光りで群れを誘導したりする人もいますが、釣り人だらけの場所では迷惑行為になります。

  • 磯竿ではフルキャストしない

僕もそうなんだけど、ルアーから入った人はこれをやりがち。ジグを投げる勢いでキャストしていると、竿先に負担がかかりすぎて折れます!遠投する必要もないんですが、遠くにキャストしたい人は、テーラーの重みを使ってふんわりキャストで^^

  • キャストは潮上へ

ポイントに入って人がいたら、まずやるべき事は潮の流れをチェックする事。その日によって左から右に流れていたり、右から左に流れていたりするので、入っている釣り人のウキの流れを見て、おまつりしないように潮上にキャストしてウキを流すと。

人がいるポイントではタイミングや空気を読みながらキャストして、おまつりしないようにウキの流れをチェックしていなきゃトラブルが起きてしまいます。

だから人の多いとこ嫌いなんよね・・・・。

まだ色々あるけど、初心者向けの注意点でいったらこのくらいかなぁ。

ウキが沈む瞬間がとにかく病みつきになる

イカのウキ釣り

右側のうっすら赤いウキ見えるかな?これからの季節、空気が澄んで、星空が綺麗な中でまったりとウキを眺めるイカ釣り。流れ星がビュンビュン。

癒しの時間としてシチュエーションもたまんねーんだけど、ウキがスッと海中に消えていく瞬間がほんとーに病みつきになる。

青物やヒラメ、ロックとはまた違った面白さ。エギングも楽しんだけど、やっぱりウキだよなぁ。僕にとっては、ウキが沈んだ瞬間はデカヒラメや強烈な青物を釣った時と同じくらいのテンション。

ヤリイカ夜釣り

スッとウキが沈んだら、だるんとさせたラインを張って、テンションをかけたまま巻いてくる。水面近くまでくるとイカがプッシュ~プッシュ~と水を吐き出して、この音がまたいいんだよね^^

しばらくウキでイカ釣りを楽しんで、群れが濃くなってきたらエギングもしよっかな。

もっとたくさんヤリイカを釣るタメに

基本グルグルと潮にのって回遊しているイカさん。産卵のためにどこかにたっぷり留まっている事もあるけど、群れの回遊待ちなんで、たくさん釣るためには、出来る限り仕掛けをイカに気付いてもらう事。群れが濃い時は入れ食いだけど^^

  • 深さ(レンジ・棚)を調整してみる

函館周辺の漁港だったら、餌からウキまでの長さは1ヒロ(1.5~1.8メートル)。水深が浅めの漁港が多いんで、イカの視力だったら、1ヒロだろうが2ヒロだろうが見えているとは思う。

ただ水深があるポイントだったら、もうちょっと深めを意識した方が釣果に繋がるかもしれない。

  • 漁港内のイカが溜まりそうなポイントを探す

港内にイカが入ってきた時って、常夜灯の影になった潮の流れのないところで群れている事が多いイカさん。テトラから沖に投げてなかなか釣れない時はどこかに溜まっている事もあるんで、海藻が多かったり、地形変化で潮の流れが弱かったり、餌となる小魚が集まりやすいポイントを把握しておくのも大事。

  • 餌を工夫してみる

鳥を使っていたら問題ない。けど、もしかしたら強烈にイカを寄せる餌があるかもしれないので、色々試して、1日だけとか偏った釣果だけじゃなくて、長期的に実験してみるのもいいかもしれない。

棚・餌・仕掛け・ポイント・潮、色々実験しながらも、超癒されるヤリイカのウキ釣り楽しんで下さい。

いいなぁウキ釣りでアオリイカとかやってみたいな。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

トップへ戻る