シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

新ロッド!モアザンAGS109mmlにヒラメで入魂したくてサーフへ。

サーフ

イカの爆釣はやっぱりあの日だけだったみたい。通った人だけが味わえるヤリイカプチフィーバー。魚長さんで、小さいメスのヤリイカが2杯で500円ちょっとだったから、なかなか良いお値段の釣りになったなぁ。

ヤリイカが一段落したところで、新しいヒラメ用ロッド!モアザン109mmlを持ってサーフへ!!!

モアザンブランジーノ

折って折って、ガイドも吹っ飛ばして、折って折って、最近は「絶対高いロッドは買わない」と決めていた。だってさ、数万で買って、軽いジグ投げて2投目くらいでバキッて折れて、保証書持ってお店行ったら、更に10000円かかるとか舐めてない?

なくなくお金払って、戻ってきたと思ったら初日にガイド吹っ飛んで、まじで●●●●●ー●はもう買わね!!

こればっかりはあたりが悪いんだと思うけど、きついよメーカーさん・・・・・。まじであの保証システムなんとかしてよ。

他にもボッキボキ折ってる中、頑張って買ったけど、きっとまた折ります。

まずはティップをいかしたキャスト練習

Hさんと行く予定だった入魂予定日に寝坊して、この日は期待薄すぎる昼の潮止まりくらいにサーフへ。

28、30、40グラムのジグと、ミノー関係で一通りキャスト練習してみると、最初はティップの反動が慣れなくてブレブレだったけど、慣れて来ると気持ちよ~く飛ぶようになる。

飛距離の方は軽く投げただけでもあっさり100メートルは飛んでいって、今まで狙いたかった沖の根周りにあっさり届いて感動。

根まで届いてテンションあがってビュンビュン飛ばすって事は・・・・

そうロスト

買ったばかりのジグをまずロストして、次は入魂に向けてしっかりと底をキラキラ泳がせる事に集中。

飛距離は申し分ないから、後はコントロール。

何度か投げていると、ビシっと狙ったポイントに決まるようになって、最初は戸惑ったけど馴染んでくるとマジでいい。マジでいい!!

この日は、一番良い時間帯まで釣りができないので、間違いなく拷問覚悟でキャストし続ける。

こんな時に座布団なんか釣れてくれると最高なんだけどなぁ

ふとジグを見ると、フックついてないじゃん・・・・・・。買ってフックつけるの忘れてた^^;

よし帰ろっと。

キャストの気持ちよさと、モアザンにテンションが上がりすぎて、1時間くらいフックがついていないジグを投げ続けるとか・・・・。

とりあえず入魂ならずだったけど、釣りが気持ちよくなるロッドゲット!

夜は気付いたらテトラの上でヤリイカ狙い

ヤリイカ

たっぷり釣って、ヤリイカ飽きた!なんて言っていたクセに、気付いたら●●漁港のいつもの場所に車をとめて、普通の人なら絶対入らないようなテトラさんを渡り歩いて、いつものヤリイカポイントに到着。

明らかにウキの数は増えたけど、あの入れ食いが嘘のように釣れていない感じ。

下げがききはじめると同時に1杯。

そして続かず。

周りのイカ釣りさんが諦めて帰っていく中、ワンチャンあるはず!と粘っていると、コンスタントに沈み始めるウキ。

ヤリイカ釣り

いい感じの群れにあたって、なんとか10杯ほど。

バラシが10!!

当たりがとまると、どこかに群れが溜まってるハズ!と、潮でウキは流さず、投げてはゆっくり目のスイミングをさせて広く探っているとゴフンッと抱きついてきて、また群れを発見!そこからウキ関係無しに、ゆっくり巻いて当たりがあったら合わすを繰り返したら、しっかり抱いていないせいかバラしまくり^^;

広く探るまでは良かったんだけど、群れを発見したらピタっととめてしっかり抱いてウキが沈むの待った方が良かったかな。

人がいる場所だったら無理だけど、こうやって広く探る事ができるなら、ますますエギの出番がなくなっていく・・・・・。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

トップへ戻る