シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

知内のサーフでブリとヒラメ狙い!釣れたのは嬉しい外道のイクラ。

テンリュウ

本日の釣りは、最近10キロクラスのブリもちょろっとあがっている知内方面でのブリを意識したヒラメ狙い。松前方面でブリとヒラメが爆釣中らしいんだけど、できるだけ近場で近場で^^

ブリもワンチャン狙えるって事で、青物用に新調したテンリュウさんとヒラメ用の2タックルで挑むHさんとサーフへ。

知内に到着するまで、どこもかしこも鮭狙いの人だらけ!!

まだ暗い内から、遠浅の沖にはびっしりと電気ウキが並び、1メートル~3メートル間隔でびっちり人だらけ。鮭人気やっぱりすげー。

絶対あんな人ゴミで釣りはしたくないw

のんびり釣りが出来る誰もいないサーフに到着!

ルアー

ポイントのサーフは、目の前が2メートル近くまでいきなりえぐれていて、そこから4メートルほどゆっくり深くなって、そこからブレイクを挟んで6、7メートルくらい深くなっている急深って言ってもいいのかな?

まずは手前の2メートルゾーンを攻めて遊ぶために、サスケさんをセットして潮がグニュグニュしているポイントに投げていく。

到着までのサーフと違って、ポイントにはHさんと2人でのんびりー。

1投目を回収すると、目の前まで波に揉まれて泳いでくる鮭をHさんが発見!

ワンチャン鮭いけるなーっと、グニュグニュした潮目に投げる事2投目。

ゴフっとミノーがストップ。

あっ!ヒラメだ!!

ん?ほんのちょっと走るな~青物か。

あれ?違うな。あぁ!イクラじゃん!!

跳ねる銀毛の鮭

サーフは少々うねりがあって、目の前のガクっと下がったかけあがりで、波に揉まれてはジャンプしまくる銀毛の鮭。

タイミング悪く目の前でうねりまくりで、ボケっとしていたらバラしそうな感じ。

引き波のせいでアホみたいにモアザンが曲がっているし、強引に抜きたいけど、散々ロッドを折ってきた僕としては、新ロッドでまだ数回目の釣行で無理矢理あげるのは、折れないのがわかっていても怖い・・・・・。

全く寄せ波もこねーし。

モタモタするも、セットになってやってきた大きな波にやっと乗せて無事ランディング~。

ミノーで鮭釣り

やったぁーイクラじゃ~~~~ん。

サスケ裂波をしっかりと食ってきたメス鮭。サイズは70センチちょい。

その後は、ブナ化したオスが跳ねまくりの中、Hさんがヒラメを釣って、僕は目の前でまた鮭をかけたけど、フッキングが甘かったのか洗濯機のようにグルングルンうねる目の前のかけ上がりでバラし。

時合いと思われる時間に跳ねまくっていた鮭も一切跳ねなくなって終了。

そういえばカタクチイワシが打ち上げられてた。

ブリとヒラメ狙いの予定が、嬉しい外道のイクラゲ~~~ット。

鮭のイクラ

パンパンになったお腹を裂いてみると、びっちりとイクラちゃんが^^

イクラ

これで大盛りにしても4,5杯はいくら丼を楽しめそう。

今年はすげー鮭が不漁みたいだし、貴重なメスですね~。ヒラメ釣りたかったけど。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

トップへ戻る