シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

木古内の釜谷漁港と太平洋の漁港で冬のロックフィッシュ釣行!

冬の尺エゾメバル

やっと釣りに行けた!2日間のロックフィッシュ釣行1日目は、H&Yコンビが最近お気に入りの太平洋方面へ夜の尺ガヤ(エゾメバル)狙い。

雪道をたま~にドリフトっぽく滑っちゃいながら山を越え1時間ほどかけて到着した漁港は、ロックマンとカレイ釣りの投げ釣り師さんがいっぱい。

到着するとすでにYちゃんの足元には、30センチ前後のエゾメバルが散乱していて期待大!

H&Yコンビがワンキャストワンヒットでボンボン釣り上げる中、何故か僕だけ釣れない・・・・。浮いてるって聞いて、着水と同時に巻き始めると、ゴンゴン当たり始めて入れ食い状態に。

ただ、目の前で散々尺サイズばかり釣れてたはずなのに、なんで俺だけ全部ちっせーのよ・・・・。1時間ほど粘って大量に釣ったけどリリースサイズばかりで、結果H&Yコンビが釣ったデカいのだけを煮付け用にいただいてお持ち帰り^^;

津軽海峡で狙うのは冬のアイナメ!

釜谷漁港

お昼はゴロタ場の遠出も考えたんだけど、昼過ぎに出発だったんで、釣りができる時間を優先して、あまり入った事のない漁港を選んでみる。

選んだポイントは、20年近く前にカレイ爆釣とシャコが釣れた思い出がある、木古内の釜谷漁港。

ランガンしながら先端を目指した結果、先端から向かいのテトラゾーンに遠投すると、いい感じに根と岩が入っている事がわかって、根回りを中心にたま~にロストしながら狙い続ける。

28グラムのシンカーに、くっさいガルプを装着して、ステイ長めに底をボトムバンプ。

ドンドンっと底を叩いてズルズルズルズルと底をひいてきては待つ。

シンカーが岩に当たる感触とは違う、コツッて感じの魚信を感じて、ビックアブ狙いでフックサイズ大きめなんで、しっかりお口に入れるのを待ってからフッキング!

釜谷漁港のアイナメ

40いかないくらいだけど、元気が良くて、めちゃくちゃ沖でかかったから楽しめた^^

木古内釜谷漁港のアブラコはサイズは小さいけど魚影は濃いめ

夕マヅメ近くなってくると、一気にあたりが増えてかなり魚影が濃いのがわかる釜谷漁港。ここの漁港、カレイ釣りの時も殆ど人が入っているのを見た事ないけど、水深が浅い以外は岩と海藻と砂がいい感じに混ざっていて、ポイントとしてはいいんだよなぁ。

大きいアブラコ

そこまで大きくないものの、2/0のデカフックを食道までしっかり飲み込んだ元気のいいやつ。最後は深場めがけて遠投して、根というか岩が点在しているのか何個かロストしながら、アラレが猛烈に降ってきて終了~。

サイズは30~40で小さめが多めだけど、数釣りを楽しめそうな漁港ですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

トップへ戻る