シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

冬の恵山方面の漁港や磯で巨大なアイナメ狙い

サンタロナカセ

日本海方面のゴロタ場攻めようかなと思ったけど、雪が多そうなんで、全く雪がない恵山方面にデカアブ釣るためにお昼に出発。

道中の漁港にロックマンの姿が殆どないなか、沖に伸びたテトラの先端で、まるでヒラスズキでも狙っているような雰囲気あるスタイルで、アブラコを狙っていると思われるロックマンが一人。

アグレッシブに攻めている単独ロックマンを見ると、「どんだけ釣り好きなのよ!」と同じ釣りキチとして嬉しくなっちゃいますわ^^

サンタロナカセ方面

サンタロナカセ方面を通り、数人のロックマンを確認して、大潤をまわって山背泊方面へ。

日鉄

まずはポイントチェックだけをしながら、御崎まで車を走らせて恵山方面をじっくり観察。

御崎温泉

御崎からUターンして海と風の状況がいい感じのポイントまで戻る事に。

いい感じの船揚場でアブラコ狙い!

恵山の漁港の船揚場

いい感じに海藻が生い茂って、底はゴロゴロした石の間違いなくアブラコがいそうなポイントに入り、まずは水深60センチほどの船揚場を丁寧に探っていく。

コンッコンッ ココココッ コンッコンと、ワームを突っついてはくるけど、飲み込むまではいかない当たり。巻いても巻いてもついてき突っついている感じはアブラコっぽい。

少しステイさせて、早めに巻き始めるとドフっと飲み込むような当たりからの

40アップのアイナメ

いい色をした40アップのやつ。この後にちょっとずらしたポイントで、もう一度あたりがあるものらず。何故か超柔らかいエギングロッドを使っていたので、それはもうエキサイティング。

暗くなる直前に際をねっとりと攻めていると、突然リールが巻けないくらいの重みを感じる。

あぁこれアイツだ・・・・・。

カジカ

フッワ~と浮いてきたのはでっぷりと肥えたカジカ。ほんとこの魚は抵抗する気あるのか?ってくらま~~~ったくひかないw 浮いてきたと思ったら、抵抗もせず腹を見せて浮いたままだからね。

暗くなったし帰ろうかと思ったところで、イカプロからデカヤリが釣れている情報が入って夜の漁港へ。

釣り三昧すぎるロックからのヤリイカ釣行

ヤリイカ

誰もいない漁港のテトラで、クッソ寒い中ポツンと一人。寒さも手伝って淋しすぎる。久しぶりにウキを投げると、すぐにスポ~ンと綺麗にウキが沈んで、一気に楽しくなってきたぁーーー!

ポンポンポンと3杯メスばかり釣れて、ピタっと止まってから探りを入れてやっとちょい大きめのオス2杯。

ここで他の漁港に入っていたイカプロと合流したのはいいけど、全く釣れなくなる。一瞬回遊があって、めっちゃくちゃ重たいパラソルサイズをかけるも、手元に寄せるために竿をたてたら竿が全部収納されて、そのままテトラの隙間に消えていくパラソルヤリイカ・・・・。

竿のガイドがグラグラしてるし、クッソ寒いしで終了。

メスには卵がたっぷり入ってた。

ごま油と卵黄と塩を刺身に絡めて、久しぶりのヤリイカめっちゃうまかった~。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

トップへ戻る