シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

干潮の下海岸釣行。マスを狙っていると、トップでダイソージグをひったくられる~~~ん。

港街埠頭

ランチにみなと食堂のから揚げ定食をテイクアウトし、海でも見ながら食べようと港町埠頭に行ってみると人だらけ。そういえばホッケ釣れてたんだ。食べながら見ていると、サビキを海に投入して数分待つと釣れていてとまらない。

クーラーがパンパンになったら、次の人と入れ替わる感じでず~っと釣れ続けるホッケさん。

3つか4つついているサビキに、上からホッケ、ホッケ、にしん、タナゴと凄いな^^;

歩いてチェックしてみると潮の流れで蒔餌が溜まるポイントに群がっているようで、ポイントによって釣果が全然違ったけど、どこもそれなりにホッケ祭り。ホッケに混ざってサクラマスも釣れてましたね。

皆さんカゴ付きのサビキでした。

さぁほっけはいつでも良いとして、干潮の下海岸へ銀色狙いに。

今日こそ跳ねかモジリを見せてください!

当たり前のように寝坊して、ポイントに到着したのは朝マヅメを過ぎた頃。家から10~15分くらいなのに、この体たらく。基本は凪で、たま~にちょい大き目な波がくるくらい。風も無しで最高に気持ちいい~。

前回、跳ねまくりで地元のおっちゃんが大爆釣していたポイントなんで、着いて早々跳ねくらい見せるんだろうなと思っていたんですが、ただただ綺麗な水面。

一応漁師さんに苦情のラインを入れてみると、「マスいなくなっだど。沖も丘もいねぇい。もうキトビロよ」おいおいおいおい、待ってくれと。散々、毎日情報くれていたのにいなくなった情報ないんか~~~い。網がないのはそのせいか!!!!!!

マス男よ!そうか・・・・・そうやってまた、今年も振り回していく感じなんだね。

日本海行って毎日アホみたいに釣って僕を煽ってきていた知り合いも、突然とまったようで爆釣⇒翌日いないなる。このパターンはなんなん><

まぁイカなんかも変わらんし、そんなもんか。海が荒れたからかな?

とりあえず少しだけやっていく

浅瀬をどんどん沖に突き進んでいくと、突然高い波がやってきてウェーダーに浸水。ジーパン、財布、スマホがビチョビチョですが釣りスタート。

足元までドット野郎が毎回のように追いかけてきては、回収時にコンッと食いそびれてリターン。そんな事を数回繰り返しながら、同じ根わらに田家町にある魚長さんの2階で買ったジグを投げているとガツッとかけてバラす。

これ食いそびれたのと、バラしたのが毎回追っかけてきてるの?」と思うくらい、追っかけ⇒追っかけ⇒かけてバラすのループ。たまに釣れるけど。

前回と同様、アメマスさんは大量に溜まっているようです。

銀色の気配なし。

右に投げて左に投げても、前に投げても基本ドット野郎ばっかり。今日はおっきなドットいないな。

トップで水しぶきをあげてダイソージグをひったくられる

水面まで根が張っているポイントもあるので、かなり上を意識して巻いていると、バシャ~~ンと水しぶきをあげてダイソージグがひったくられる。

トップに出たアイナメ

紛らわしい出方しないでよ~。水しぶきで完全に銀色だと思ったら茶色。すぐクビ振り始めたもんな~。40センチくらいの太いの。遠投&マス並みにひいたのでいい感じでしたけど^^

根わらの部分だけは水深が浅いから、アイナメのお食事レンジに入ったんだね。おっと思ったじゃ~ん。

この後、数投しても相変わらずドットの影ばかりで、この日もう一発の波を被り終了。

サクラマス最高!凸(゚Д゚)Fuck!

さて今のところ日本海は行ってまで狙う情熱が無くなっているため、ヒラメ狙いながら漁師さんの情報待ちして、入ってき次第ルイベ狙いします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

トップへ戻る