シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

下海岸の釣り。今日の釣果はドット柄2本。肥満な茶色1本。銀色1本の1バラシにて終了です。

函館の綺麗な海

風景画像を撮るのを忘れて使いまわし。アングラーが誰もいないポイントでマス男の溜まりを探して5日目。やっと発見したと思ったらサクラマスの回遊がなくなり、また今年も振り回されるんか!と思いきや、また回遊が始まったと情報が入ったので、寝坊気味で下海岸朝チョコへ。

朝ちょこサクラマス狙いで新規開拓&フィールド攻略からスタート。不安なのは釣り人が皆無って事だけ!
「今日はサクラ50本に、ハチガラ18、アブラ子6にウグイとタナゴよ!アメマス少ねーな。そんでこねーのか?」情報をくれるのはありがたいですが、朝と夕マヅメ...

干潮の下海岸釣行。マスを狙っていると、トップでダイソージグをひったくられる~~~ん。
下海岸の干潮狙いで、マスを狙っているとトップで水しぶきをあげてダイソージグをひったくられました。

さぁ今日はドット柄とアイナメさんじゃない魚は釣れるんでしょうか。

マス男さん。今日こそ心が折れないように、いるよアピールお願いします。

発見した溜まりポイントは、到着時には満潮なので特攻したら死ねる水深。って事で場所をちょっとずらして、やれそうな場所をランガンして探しているとギリやれるポイントを発見。

本日はミノー系もケースに突っ込んで、最初ミノーを使っていたのですが中間地点に溜まっている海藻がトレブルフックに巻き込みまくって釣りにならない・・・・・。ジグでも巻き込むのですがミノーよりはましなので、ダイソーさんを装着してピョッコンピョッコン投げていく。

とりあえず今日はどこに投げても、潮がスッカスカ。大丈夫かこれ!!

ドット野郎2連続

最近はアメマス釣れても撮影する気がおきなくなった。サクラマスの方が見た目が魅力的で美味しいってだけなのに、みんなの扱いの違いが凄いよねw もちろん僕もなんですが。シルエットが苦手なギンポに似てるんだもん!

前さんはアメマスも美味しくいただいているようだし、アメマスおじさんは釣るのも食べるのもアメマス派と特殊な人もいるけど。

とりあえず潮はスッカスカですが、早速釣れる。

1本目は足元でグルンとかかって、回転したり走ってギラギラしたんでサクラと思いきやアメ。

2本目もバンバン走った太くて長いアメ。顔の形も人気がない理由かなぁ。

顔は可愛くて体はキモい、キモカワなんだけどキモいの方が勝ってるのよ。

超ひっさしぶりにモジリを発見。

前方50mくらい沖で何かわからんけど、モワモワっともじりを確認してやる気スイッチオン。モジリ方面へダイソーをキャストする事4投目。ゴフっと食って、今度はず~~~っとアメだと思っていたら銀色。

近場で済ませているのが悪いのですが、モジリを見たのは何か月ぶりだろう・・・・。

下海岸のサクラマス

50ちょいの2キロくらいってとこでしょうか。

おし!これで日本海行かんでもすんだ。見つけたぞ!!近場のサクラだまりーーーー」ってか漁師さんから聞かなきゃ、ここじゃ絶対やらないような場所なんですけどね。ず~~っと誰もいないんだもん。

更に2投目で、同サイズくらいのがもう1本かかるも、少し沖に飛び出た岩場でやっていたので、ゆ~~っくり丘まで運んでいる最中にバラす。

そして今日1番の魚がかかる

まだモワモワが発生したので、群れが溜まっている事を確信。

バラし直後で全く同じ場所でドゴン!と強烈なあたりがあり、たまに生命反応があるもマスではないクッソ重たさ。まさかこれはフラッティーか!!!!!しかもこの重みは凄いやつ確定。

アイナメ

はいアイナメ~。サイズは綺麗に伸ばして48とそこまで大きいわけではないのですが、パンパンでコンディション抜群!更にそこら中の海藻を体にたっぷり纏っていたせいでクッソ重かった。座布団だと思って脳汁ドッパーでしたわ。

もうちょっと粘って数を狙いたかったのですが、漁師さんから「船が壊れたから近くにいるなら手伝って」と電話が入り終了。

そうそううまく行かない事は承知していますが、サクっと行ってサクっと釣ってルイベな展開になる事に期待。振り回されっぱなしの作業フィッシングやっぱきっついもん^^;

一応、4キロ5キロも網に入ったらしいので、群れの中に巨大なの混ざっているんだよね。サイズアップ目指しながら、次こそは干潮時にガンガン沖に入って、入魂したかったミノー使い倒します。

マス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

トップへ戻る