シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

マスの群れが付いているマス潮を発見。「へーこの潮が岸寄りしたら丘から釣れるのか!」

アメマス

以前、漁師さんが言っていたマスが乗っている潮。この潮が岸に寄るとマスが釣れ始めると聞いていて、その時は話し半分で聞いていたのですが、漁師さんの間ではみんなが知っている事のようですね。

この日は「網が入ってないから、あっちの方やるにいいぞ」と聞いて、ちょっと気合を入れてポイントに到着。

えーーーーーーーーーー。いっつもより多めに網入ってますや~~ん。

話しが違うじゃねーか!と早速ガチな苦情ラインを入れてギリギリしながら網がないポイントを探すもなし!!!!!!!!!!いつもよりハンパなく広範囲に入ってますのでした。

下海岸のアメマス

手前エリアでアメマスはボンボン釣れるのですが、綺麗に出ている潮目にぴったり入った網。「これ、マスの群れあっこからこっち入ってこれねーじゃん><」。そんな事を思った矢先に網の奥の方に横に入った潮目で1発跳ねる・・・・。

一気にテンションダウンしましたが、手前エリアの根についていたと思われる、70センチちょいくらいの極太アメマスの強烈なヒキを味わえたからよし!なんかねワラサみたいに走ってドラグって、おっきなドットってサクラより強烈なんだね~。

最後は岸まで全力で泳いできてランディング直前でフックが外れる。おっきくなるとゴリゴリに引いて、見た目がメス鮭みたいだね。棒っこ感がなくなる。

ここのポイント、サクラ狙いにはきているんですが函館にもういなくなったと言われている他の銀色が実は本当のターゲットでして、この時期回るらしいのですわ。水面に飛び出してアメってわかるまでソイツかと思ってたーーー。

ちょっとアメのヒキ感動したぞ!!大きくなると、いつも釣れている30~50くらいの魚とは別物ですね。アイナメといいアメといい外道が良い刺激をくれる。

30分くらい釣りをしていると、電話がありちょいと沖へ。

ヒラメ狙い用に、沖から新規ポイントの底チェック。

すぐに酔うから1周だけの約束で船に乗り込む。

沖から底をチェックしていくのですが、「沈めなくてよかった」と思うような、根&沈みテトラ&岩だらけ。岸からヒラメが狙えそうなポイントはわずか^^;

ず~っと底を眺めていたのでちょっぴり酔う。

船をかる~く流してもらっていると、沖に横に流れる大きな潮目にサクラマスの巨大な群れを発見!!

マス潮発見~~~!!

ほらほら、あれがマスの付く潮だど!

沖の方に他の波とは違う、変な形のモワモワ波の塊を発見。船が近づいていくと、足元でギラギラっと体を光らせて、表層にいたでっかいマスの群れが散る。遠くの方に群れが移動してしまったため、マスがついた潮目を眺めていると、潮目の変化や移動と一緒に岸によったり沖に散ったりを繰り返す。

これが干満や、のぼりやくだりで岸によったタイミングがチャンスなのね。そんで日によって時間的長さが違って、更に中には居つくやつもいると。

去年発見したマス溜まりはず~~~っと居ついていたから、餌の関係でそのまま居ついたり、追われて入ったままになったり、外的要因で変化があるのかもしれませんが、基本的な生態としてはこのマスが乗っている潮が岸よりするのを待つのか。

尚更回遊待ちじゃん!

んで、このマスの群れが巨大な時や、ギュッと岸まで入った時に広範囲で一気に釣れだすのかな。

他より大きな川のような潮の流れで、そこへ複数の潮がぶつかってた。

岸から沖まで伸びた潮目の沖の方から、跳ねが潮目に沿って近づいてくるのは何度か見た事があるし、遡上前に岸寄りして、潮目についてたらふく餌を食いながら丘方面と沖をピストンして遡上のタイミングを見計らっている感じ?

はぁ。やっぱり折れない心なのか・・・・・

大量に岸寄りした場合は、潮目なんて関係なく釣れていますが、数が少ないワンチャンを掴むためには釣りの基本中の基本ですが、潮目もしくはルアーで感じる流れがしっかりあるポイントばっかり狙っておけって事ですね。まぁそれが作業すぎるんで、イヤだからなんとかなんねーのかなと思っているんですけど><

釣っている人は、タイミングよく回遊にあたるといいんですが、基本は通って通って心折れず粘ってますもんね。くっそ~なんかもっとパパっとサクっとな方法ないんかーーーー。ぐったりした頃に釣れて、またぐったりさせてみたいなアメとムチで釣れたら脳汁出させて見た目が綺麗。調教の手法だね!

これだけじゃわからないのですが、漁師さんの長年の経験もあるんだろうし、なんとな~く納得。

そんでもってこの日は、個体が大きな群れだったようで3キロクラスばかりとか、網よ・・・・・・・・・・・。

ここのポイントは今のところたくさんの回遊があるにも関わらず、日によって網の問題と、干満で入れるポイントが限られるってのが問題で、リーダーが帰ってきたら、がっつり巻き込んで二手に分かれて広範囲にアプローチできるポイント探しだな。

中山峠が鬼門となって日本海へ行けない僕としては、家から15分くらいのこの場所がコンスタントに使えるようになったら最高なんですけど。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

トップへ戻る