シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

天候に見放されたヒラメ師バスと行く、下海岸のサーフで鮃狙い&菱形サクラマスリベンジ!

下海岸のサーフ

干潮時を狙って、ガンガン沖に入らなきゃダメな灯台下暗し的ポイントな下海岸へ。
函館の下海岸

汽水エリアから沖に綺麗に伸びた潮目が、沖で横に入った潮目にぶつかるポイントに、ダイソー先輩をひたすらフルキャストする事30分。いつものように「なんだこの釣りは!!!」と飽きてボーっとしていたせいでロッドをバイーーンと持っていかれる強めの当たりがある。

当たりの強さでデカさわかりますよね?

集中しててもフッキングしていたかどうかわかりませんが、「そういう事をしてくるんか!」と向きになって集中して同じポイントに投げ続けると、着水してちょろっと巻き巻きしたところでドゥンっと同じくらいの強めな当たりがあって、待ちに待った遠距離からの戦いスタート!

っと期待していたんですが

フッキング後にチロっと抵抗しただけで、岸に向かって全力で近づいてきたためファイトはほぼ無し^^;巻くのが追い付かなくて途中バレたと思ってたもん。そんで見えてきた魚影は菱形のサクラマス。満潮の時なら死ねる干潮で飛び出したかなり沖の岩場にいたもんで、岩の際をゆっくり誘導させているとグリングリン始めやがって軽くなる。

やっと釣ってもこれがあるんよね。はい次!

その後は、いつものアメマス量産体制。アメはバラシ0。あまりファイトできなかった事もあって、バラした時は「ハイハイ」くらいに思っていたのですが、後から菱形思い出して始まるギリギリタイム・・・・・。

最近は釣れたら大きくて楽しいので、海の状況が良かったら30分でもちょろっと行って、ダラダラっとダイソー投げて巻いて、釣ったり、ばらしたりの日々を送っております、近場最高!

サクラマス

ヒラメ師バスと行く!函館の下海岸でヒラメとサクラマス狙い

サンライズ

さすが巨人の娘だけあって、身長179センチの長女が成人を迎え、子育てと痛風のためしばらく釣りをお休みしていた6児のパパヒラメ師バスと、久しぶりに知内方面にヒラメを狙いにいくも、ルアーを沈めたら10投中9投くらいで海藻まみれで戻ってくるため、やってられなくなり赤い看板の「醤油つけ麺大盛り、ネギトッピング、麺硬め」をくって帰宅。やっぱ店によって味が違いすぎる!上磯店は安定ですね。

そんで最近はまっている下海岸のサーフに誘ったところ、底を舐めるように探りたいらしく、僕は菱形サクラのリベンジ、バスはヒラメ狙いで下へ。

函館人「サクラやらんの?

バス「興味ないからヒラメでいい!

と、全く狙う様子がないから上は引っ張らないとして、あのクセが強すぎるフィールドどうやって攻略するのか注目しておこ~~っと。表層探ったり早巻きなんて始めたらドロップキックですわ。

漁師さん情報では、サクラは回遊待ちとタイミングが合えば溜まりを狙えるとはいえ、ヒラメはまだ岸寄りしていないって断言していたんで、ターゲットがいない海の底を探って彼はぶっとい茶色を量産するでしょう。狙えば山ほど釣れそうなくらい茶色の魚影が濃いので。

頑張って起きたのに、底荒れし放題。マツカワ狙いたかった・・・・。

バスと釣りの約束をすると、80%くらいで天候が荒れてきているわけですが、今回はなんとかできそうだと思ってポイントに到着すると、底荒れし放題で海藻祭り。知内と一緒じゃ~~~ん。

サクラは徐々に減ったけど、マツカワが入りだしたと聞いたので、修行喰らおうが底狙いに変更したのですが、釣りができん!!!

漁師さん 「今日は20センチもないアブラコ2本

網も酷い状況のようで、普段獲れている他の魚すら獲れていないので、濁りと底荒れで魚すらいなかったみたい。海が回復したらサクラはまた回遊すると思うけど、ほんとこのバスの呪いみたいな天候なんなんよ。

そろそろ少なくなってきたサクラは空いた時間にちょろちょろっと狙うとして、ここのポイントをもうちょっと攻略しながらのヒラメと、普通に食べたいホッケですね。

板マス、ヒラメ、巨大アブ、マツカワ、シーバス。近場のポイントは灯台下暗し

函館に帰ってきて数年経過して、まだまだポイント発掘作業は続いているのですが、今回のポイントに関して言えば、本当に感じる灯台下暗し感。マスに関しては3キロ4キロのマスがそこそこ泳いでいる海なのに、投げ釣り師さんしか見なかったし、やってみなきゃわからないものですね。

デカ黒ソイ、ハチガラ、板マス、ヒラメ、巨大アブ、マツカワ、ババガレイ、シーバスと十分な魚種を狙えるポイント。

1回とか2回じゃなくて、そのフィールドすべてを知るくらいの勢いでやってみると、やっぱり穴場はいっぱいありそう。でも人がいない理由ってのはあるんですけどね^^;

行ったら他より高確率で釣れちゃう日本海の一級ポイントまではいきませんが、近いから喰らった時でもぐったり感が全然違いますし、釣りたいのに遠出は嫌!作業フィッシングがきつい!長時間の回遊待ちがどうしてもきつい!と、僕みたいなダメアングラーさんはパッと行ってパッと帰ってこれる近場探ってみるのもいいかもですよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

トップへ戻る