シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

イカが全く釣れなかった(いなかった)2016年の函館。

函館のイカ釣り

2015年に函館に帰ってきて、たまたま仲良くなったHさんにイカの浮き釣りを教わって、入船漁港、釜谷漁港、当別漁港、新湊漁港、茂辺地漁港、松前漁港と通って浮き釣りとエギングに魅力にはまって、2016年は、浮き釣り用の竿や、エギング用の竿とロッドを新調して気合を入れたものの、ほんと酷かったよね・・・・。

沖でも全く獲れてないのは聞いていたけど、いくら待っても沈まないウキに心が折れて帰宅の毎日。

魚長にすら全くイカが並ばず、挙句にイカを発見したと思ったら石川県産?だったかな、イカで有名な函館で、最盛期に他の県のイカが並んじゃうとかおかしいでしょー。

綺麗な函館の海

とにかく海だけは綺麗だったなぁ。

エギングロッドとリールを新調

イカ釣りデビュー2年目にして、ちょっとよさげなエギングリールとロッドを新調。

正直、キロオーバーのアオリイカを狙うのと違って、函館のマイカやヤリイカサイズだったらやっすいタックルでも十分なんだけどね。2015年は松前のパラソルヤリイカですら安いロッドと適当な餌木でボンボンあがってたしー。

ロッドはテイルウォークの「SALTYSHAPE DASH L-EGING」。始めてエギング専門のロッドを買ってみて、びびったのはガイドが小さすぎる!夜だとライン通せないんじゃないかってくらいのサイズで、イカを釣ってみた感想については聞かないでくれ・・・。(豆イカしか釣ってない。)

やっすいロッドとは別格なのはわかるけど、いかんせん釣ってないから良さを説明できない(´;ω;`)ウゥゥ

そんでリールはダイワの「16エメラルダス」。

こだわりのある人には色々言われちゃいそうだけど、巻き心地は最高!マグシールド&エアローター、オートマチックドラグ、エアスプールと、最近のダイワの技術をしっかり詰め込んだ素敵なリール。でもね、リール性能を発揮したのは、2キロくらいはありそうな海藻の塊を釣った時だけ・・・・。

まだまだこれからは松前のパラソルシーズンがやってくるので、使うチャンスはあるけど、遠いしいけるかなぁ。

餌木で釣れた豆イカ

散々投げて豆イカで入魂。某漁港のテトラの上から、カウント50で軽くしゃくったらちょっと重みを感じたから、そのまま巻いてきたら餌木よりちっさいイカついとった。

自分の体より大きな餌木に抱き着いてくるとか、豆イカって獰猛だよね。

●タックル

  • ロッド~テイルウォークSALTYSHAPE DASH L-EGING
  • リール~ダイワ(Daiwa) リール 16 エメラルダス 2508PE-H-DH
  • ライン~PE0.6号
  • リーダー~忘れた
  • 餌木は小さいのから大きいのまで使ったけど釣果がね^^;

イカの浮き釣りの釣果

浮き釣りマイカ

磯竿にテーラー。餌は鶏ささ身。テトラでイカ釣りをする事が多かったから、夜になると餌木のロスト率が高くなっちゃうし風でPEライン流れちゃうしで、夜釣りはウキばっかりだった。

イカシーズンに入ってから最初は苦戦したけど、たまに群れにあたった時はいい感じだった。

でも群れがとにかく少ないせいか、イカが潮に乗って動いている時間だけがチャンスで、面白いくらいぴったりと上げ8分 下げ3分でしか釣れんかった。全く釣れないから、一人で行った時なんて寒いし寂しいしで何度も心が折れたけど、「魚もそうだけど、イカも潮は凄く大切なんだ」って事を勉強できましたわ。

11月は、とにかくマイカ、マイカ、マイカ!波があると高いテトラでやってたから、このマイカがクッソ重たいのね。

メンテナンスも悪かったんだけどマイカのせいでロストしたテーラー×3、ロストしたウキ×2。

マイカだとウキもがっつり沈むし、重みとヒキを楽しむにはいいんだけど、後半はヤリイカの刺身が食べたくて、ウキがたっぷり沈む度に「マイカかよ・・・・」って思っちゃってたし。

ウキ釣りのヤリイカ

11月後半はマイカにヤリイカも混ざり始めて、取りあえずお刺身には困らないくらい釣れたからOK。

好みの問題なんだけどさ、ヤリイカと豆イカの刺身食べたらマイカはちょっとねー。

イカ釣りには何回もいったけど、浮き釣りで釣ったのはトータルで50杯くらいかなぁ。ヤリイカとマイカが半々くらい。たまにパラソルと言われるくらいデカいヤリイカも混ざったけど、少なかったって言われている2015年に比べて更に少ないからね~。

綺麗な茂辺地の海

鮭もダメだし、イカもだめ、ブリ(イナワラ)は楽しめたけど、今年の函館の海はどうなるのかな。釣れなくてもやっぱり函館の海は綺麗だった。

おおきなヤリイカ(パラソル)を狙える松前漁港

2016年は全くイカが釣れなくて悔しいから、これからおおきなヤリイカを狙える松前漁港でもおさらいしときますか。

1月下旬から3月いっぱいくらいまでかな。(今年はわからんけど。)

アイスバーンの道を2時間以上かけてイカだけを狙いに行くとかぶっ飛んでるけど、そのくらいしても釣りに行く価値のある漁港ですね。サイズも数も^^

松前漁港のイカポイント

松前漁港は、港内でイカ釣り漁船が漁をしているとかびっくりしちゃう漁港です。ヤリイカが一時不漁になって、人工的な産卵場所を作ってから漁獲量が増えたみたいですね。

漁船がいるのは番あたり。漁船がいるせいか夜でもめっちゃ明るいですよー。

一応おすすめ順にヤリイカポイントに番号ふってみたけど、これだけヤリイカが釣れるんだから、地元民がこないわけもなく、最も釣果が期待できる番は、「ここに住んでるのか?」ってくらい地元民で占領されちゃっています。

入っても特によそ者扱いされる事もないと思うけど、いついってもいるから入れないよねw

だから地元民さんの並びに並んでやるのが一番。堤防の上はボコボコしちゃうくらいイカスミで真っ黒です。

番のテトラは危険なので、釣れるけどあまりお勧めしません。地元の慣れてる人はすいすい入っていくけど、落ちたら・・・・・。

番は番の向かい側で、釣れるけど数はまあり期待できないかも。

港内イカだらけになるんだけど、奥にいけばいくほど釣果は明らかに下がるんで、ベストポイントはやっぱり①番の地元民の横に並んで竿を出すのがいいと思います。

ちなみに函館の浮き釣りだと1ヒロ~1ヒロ半くらいでいいんだけど、ここは5~6ヒロ。水深は8メートルくらいで、底を這うようにイカが入ってくるので5ヒロ以上なきゃ全くって言っていいくらい釣れません。

一番爆釣した時はテーラーが底についてたくらいですからね。

さぁ今年は松前ですらどうなるのかわからないけど、しばらくヤリイカの刺身に困らないくらい釣りたいですね~。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

トップへ戻る