シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

函館の夏の釣り!ソイにヒラメにカニやイワシ!

函館港の夕日

う~~んブログを書くのは約3か月ぶり!7月は釣り予定日に東の風が強い日が多くて、記憶ではまともに釣りはしたのは1回くらい。そんで8月は暑くてチョロチョロっと行った程度。そんでそのままゆる~い釣りばかりで、そろそろ良いシーズンが始まるので準備を始めたところ^^

忘れていたアイマKomomoに入魂した7月

やっぱりサーフでデカソイフィッシング

アイマKomomoでロックフィッシュ

サクラマス用に購入して結局使わなかったアイマKomomoを思い出して使った日。この日はなんか色々釣ったような記憶があるんだけど、PCのメルアドに送ったはずの画像がないのはなんでだろう・・・・・。

ソイと言えばもうサーフで狙うのが当たり前になってしまっていて、この日はテキサスで底にいるやつを釣ってから、ダイソージグで浮いているのを確認してKomomoを使ったような記憶が。

ダイソージグでソイ

アイマKomomo

やっぱミノー系で釣ると写真映えはするんよね。ただ5mほど底の根ワラにいるデカソイを潜られないようにゴリ巻きして必死に浮かせるエキサイティングすぎる釣りに比べると、表層付近にいるソイは「こんなに違うの!」ってくらい簡単に釣れてしまう。

ミノーで釣ったソイ

イケメンソイさんは映える!ダイソージグで表層をゆっくり巻いてるのと釣果は変わらんから、ミノーは高いしさぁロストを考えるとやっぱり釣りの幅が狭まるんだよね・・・・。

函館の黒ソイ

35センチくらいあって「小さいなぁ」と、みんな感覚がおかしくなってる。このポイントがおかしいだけなんで、ソイは大きいの釣りたかったらやっぱりポイントみたいですね。

ワームで釣ったデカソイ

散々底からの浮かせに惨敗していたのですが、必死に浮かせる事に成功したデカソイ君。計測はしなかったけど、ワームが5インチあるんでまぁまぁサイズのはず!ソイの活性が高くて殆どが浮いていて、底狙いで反応がなくても底を狙い続ける価値あるヒキがたまらん。

ジグミノーで釣ったソイ

これはリーダーが釣ったのかなぁ。ジグミノー?300mくらい離れてやってるから画像が送られてくるだけ^^

夜のサーフ

ここのサーフ、確か7月で海水浴やキャンプ客が捨てていったゴミが散乱していて、食べかすを見て「ヒグマこないよな・・・・」なんて思って出没情報を見てみると。。。。

余裕で出るなw

特に日本海なんか、夜のサーフで釣りをする時はヒグマも視野に入れておかなきゃですね^^;

風向きで匂いに気づかないでばったり会うくらいしかないと思うけど、最悪の展開として生きたままちょっとずつ食べられるとか嫌~~~~~。

黒ソイ

煮つけより刺身サイズがいっぱい。

函館の夏の釣り!ヒラメはソゲばっかり

小刻みジャーク&フォールが最近のお気に入り

ソゲ

夏はソゲの季節!たまに釣れるデカヒラメを狙うのですが、当たり前のようにみんな釣るのはソゲ・ソゲ・ソゲ。

ジャーク&フォールで釣ったヒラメ

ヒラメと言えば大事なのがレンジキープ。活性が高い時は早巻でもレンジめちゃくちゃでも良いとは思いますが、あまり活動的じゃない時間の方が多いので、じっと底にへばりついているヒラメをどう狙うかですよね~。

そこで最近、僕の中で流行っているというかただ巻きより暇しないし釣ってやった感が出せるのが小刻みジャーク&フォール。広範囲の地形や水深をチェックした後に、離岸や潮に乗せながら1メートル以内でジャークでアピールして、底50センチ上くらいまでフォールさせて探り残しがないくらい小刻みに探っていく釣り方。

これで釣果は上がってるかはわかりませんけどー。

ダイソーカスタムで釣ったソゲ

このダイソーカスタム画像はリーダーかな。みんなソゲだなぁ。

ソゲ

ヒラメはこれからですね。

函館夏の釣り2 夜の漁港でイワシ&アジング

夜の漁港

ニシンくらい大きなイワシ釣り

ず~~~~っとやりたかったイワシ釣り。なかなか群れの回遊とタイミングが合わなくてできなかったけど、近場の漁港に大きな群れが入ったって事で早速行ってみる。

夜のイワシ釣り

常夜灯に群がってはいるものの、昼と違って全く食い気がないイワシさん達。群れは綺麗にサビキをよけて泳いでいて、アミピュアで濁りを作った時に間違って食べるやつと、たまに食い気がある個体がいて釣れる程度。

20センチ前半のイワシの中にたまに、ニシンくらいのサイズのものも混ざっていて最高!

豆アジの大きな群れも入っていて、イワシと交互に常夜灯周りを回遊。アジはアホみたいに簡単に釣れるんだけど、お目当てのイワシさんがなかなか反応してくれない。

豆アジの群れが回遊すると、底からソゲあたっくが始まって表層を泳いでいる豆アジを捕食しまくる。しばらくソゲのお食事タイムを楽しんでいると、視界に真っ白で大きなお腹が入り推定60センチくらいのヒラメも1枚混ざっている。

リーダーがワームで狙うも、ワームに見向きもしないというか、視界にしっかり入った時は追いかけてくるけど釣るのに時間がかかりそうな雰囲気。アジの群れが消えるとヒラメさん達も消え終了。

アジとイワシ

アジングもやったのですが、さすがに豆アジサイズだと・・・・・。イワシはかば焼き。豆アジはこれから始まるイカの餌に。

ヘラガニ(ヒラツメガニ)とワタリガニ(ガザミ)も狙った

時期的にちょっと遅い感じですが、漁師のおっちゃんと漁港内に見えていたカニを狙う。

ワタリガニ

結構粘ってやっとワタリさん1匹。

ヘラガニ

そして漁師のおっちゃんは何故かヘラガニと、全然釣れんかったぁ。

フクラゲやアブラコの画像もあったけど、何故かなくなってる。

この投稿をInstagramで見る

暑すぎて無理・・・。海水温が激高〜

函館人さん(@hakodatezin)がシェアした投稿 –

秋のヒラメとイカに向けて準備スタート

鮭は毎年の事ですがたぶんやらないかなぁ。イクラは欲しいーーーーー。

イカは8月くらいに近場の漁港でマイカがいっぱい釣れた時にちょろっと行ったけどダメで、下海岸で豆とアオリイカの小さいのが大量発生して見に行ったらいないと、全く情報があてにならんぞ!!!!!!!!!

函館周辺で釣れ始めているのは確実なので、今週末くらいから入船漁港に通おうかなと思っております。今年はいっぱい釣れるかなぁ。イカだけはたらふく欲しい。

イカに関しては釣っても買っても、魚と違ってそんな変わらんだろうと思っていて、最近ちょくちょく買って食べててきづいたのですが、味の濃さが全く違うんですね。釣ったイカでやっていた料理を買ったイカでやってみるんですが何故かあんまりなんです。

今年は忙しくなりそうなので、あまりイカ釣りもいけない可能性がありますが今年も目標は1000杯!

堤防や漁港から狙う!ウキを使ったヤリイカの釣り方や注意点など。
堤防や漁港からウキと餌を使ったヤリイカの狙い方を解説しています。

函館の漁港でヤリイカをひたすら釣りまくる日記。12/25追記。目標1000杯。
2018年から2019年に函館近郊の漁港でヤリイカを狙った釣行日記です。目標は1000杯!

函館の秋の釣りと言えばやっぱりイカ!津軽海峡ヤリイカ釣行と最近美味しかったイカレシピ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

トップへ戻る