シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

サーフリベンジ!大きなヒラメをバラした後って手に重みがしばらく残りますよね(泣)

目次

下海岸の海

前回の釣行で早寝早起きスタイルに変わり、さすがに今日は大丈夫だろうと前回バラしてくやしかった根&ストラクチャーたっぷりのグチャグチャポイントへ。

さすがにウネリも濁りもなくなってるべと暗い内からサーフに立つと、開幕から膝下びっちょりのウネウネ祭り。さすがに前回ほどじゃないけど波高めで少し濁りあり。

前回の釣行は→秋のヒラメ狙い!想定外のコンディションで半べそ釣行。ジグが沈まない怪奇現象

暗い時間はソイ祭り

鯖が群れていた場所にキャストしてみるとすんなり着底。

鯖が消えた!

底の方をまっきまきしていると、ボフッとソイっぽいあたりが多数。そして全くのらない。トレブルフックのダイソージグ使ってるんですが、波が高いせいか食いが浅いのかな。何回かに1回はフッキングできて、波に揉まれてバレるを繰り返していると

ゴフッと強めのアタリ。

ゴ――――――――っと下に突っ込む素晴らしいパワー。

顔真っ赤になりながら必死で崖ポイントを浮かし、リーダーをゴリゴリ擦りながら浮かせきる事に成功。これはさすがに50あるかないかのお刺身。浮かしちゃえば楽なんで、そこそこの重みとパワーを感じながらヒキを楽しんで、洗濯機状態の波打ち際もなんとかバレずにお刺身。

40アップのソイ

チビソイかぁ。くっそー50ないのかよ・・・・・。眠気が一気に冷めました!

1撃でリーダーがボロボロになってしまい、大丈夫かな~?とキャストしたら切れて全部飛んでった・・・・・。

1ロスト。

暗い中めんどくさくてめちゃくちゃなノットでその場しのぎをしていたら、数投したところで全部飛んでった。

2ロスト。

今度はしっかり結んでソイゾーンの奥の砂地にキャスト。見た目は前回よりましな海なのに、前より激流で一瞬で重いシンカーが流されていく。急いで回収していると途中の表層でドフっと40アップと思われるソイがかかり、ボケーっとヒキを眺めながら巻いているとフッと軽くなる。

回収すると全部なくなってた。

3ロスト。

なんだこれ。もう結ぶのめんどくさい・・・・・・。

半ギレなヒラメの時間が始まります

最近のグチャグチャポイントのセッティングは、1号のPEライン⇒25lbのリーダー⇒激安スナップ⇒サルカン⇒25lbのフロロ?⇒テキサスリグと、サルカンの脱着でジグとテキサス使い分けていたんですが、ロストしたらこのセッティング作り直すのめんどくさい・・・・・。

サルカン部分から徐々に強度を弱くして、テキサスをロストしてしまってもスナップ部分は残っている事が多いんですが、本日は全部PEから逝かれるのでとってもイライラしちゃいます。

ってなわけなんでさすがにリーダーは結びますが、スナップ無しで直接ダイソージグさんを結んでいく。

5時30分 とてもパワフルなアタリを感じた

100mほどキャストしてテンショーーーーンフォールorフリー―――――――フォール。

深みになっている場所の水深は6m。底から2mラインを意識して巻くも潮が速くて泣きそうです。

40m前方にある崖エリアで一度表層付近まで浮かせないとゴリっと引っ掛かるので、巻取り量を考えて数えて浮かすわけですが、お魚と言えばストラクチャー!ここのお魚さんの殆どが崖エリアに集中しているので、ギリギリまで攻められるか?が釣果に繋がる。

そう!毎回引っ掛かるか、魚が釣れるかドッキドキです。

通い慣れたポイントなんでさすがに引っ掛かる事は激減したけど、今日みたいな想定外の激流となると話は別。

ゴッ!!!

ほらね。引っ掛かった。

4ロスト

溜息混じりでリーダーを結んでダイソージグで再度攻める。

ダイソージグ

本日も前回と一緒でダサいダイソージグです。

流されるのを考えながらギリギリを攻める事30分。

くるりんくるりん巻いていると、ドゴンッと凄まじい衝撃バイト!!!ラインの感じだと崖エリアから5~10mほど沖。やっぱこの辺なんだよなぁ、きっついなぁ浮くかな・・・・・。サーフの緩い角度から、10mの距離で、5メートル底からおっきな魚付きで4m浮かせるとか必死必死。

背筋ピョーンで必死に浮かす。

これはデケーぞ絶対デケー!!!!!!

お願い浮いて浮いてーーーーー。

フファッ

わーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

もう勘弁して。。。。。。。。。。。。

風に靡くPEラインを回収。

冗談抜きで座布団だったかもしれない。手が震ってるもん。ベイトリールにフロロでもどうなんかなぁ。もうきつい・・・・・ここのポイントと距離置こうかな。

函館人こと僕。そしてリーダー。前さん。バス。みんな何度この崖エリアで苦汁を飲まされてきた事か。ヒラメが釣れたらそこそこサイズが期待できる場所なんで、「いつか誰かが座布団やらかすよね~」と、そう言えば笑ってたな~。誰が言ってたんだっけ・・・・あっ僕だわ。

魚付きで5ロスト

もう決めた今日は攻める!

その後諦めきれず攻めて2ロスト追加。

7ロストでございます。

ストラクチャー裏のヒラメをピンポイントで狙う

もう沖に遠投してゆっくり数えて巻くのはめんどくさい。やっぱりストラクチャー裏の深みになって波があたる部分にベイトが集中するせいかフィッシュイーターも集中している。

ピンポイントでキャストしてテンションンフォールだと距離が縮まるので、フリーフォール2発までと決めてすぐ回収を繰り返そう!キャスト数で稼ぐ、ヒラメがいるであろう場所の真上にフォールさせる作戦です。

まぁどちみち釣れても崖エリアなんで、浮かせられなきゃ無理って事はわかってるんですが、もうくやしくってくやしくって。。。。。

そんな作戦を練ってすぐに引っ掛かる( ;∀;)

8ロスト

折り紙カスタムのダイソーさんがどんどんないなる。残るダイソーさんも折り紙が剥がれまくりでペラペラしてて汚い。

なんか朝の貴重な時間の殆どリーダ―結んでいるような気がw

諦めずきったないダイソーさんをストラクチャー裏にブッこんでいく。

フォールは2回まで。

リフト&フリーフォール2発作戦。

イイ感じの深みにキャストが決まった1発目のフォール中に中層でボブボブっと下からジャンプして食ったようなアタリが。合わせてみるととても良い重み!!!!!!!ほらいた~~~これぞ狙い通り!!そっこーで縦バイブとかヒラメじゃん。

諦めんで良かった。よし浮かすぞー浮かすぞー。

さっきのよりはかなり軽いけど、これもそこそこあるべ。

ふーーーーーーーーーよしよし、また夢中になりすぎて長靴の中タプタプだし、ジーパンも腰から下ビッチョビチョで財布もスマホもビッチョビチョだけど今日も頑張った。

あたりも多く凄く楽しかったし、さっ帰るかな。

もうぜってーこねー!なにがグチャグチャだよ。なにが狙ってて楽しいポイントだよ。誰だよ根ワラから引っぺがすヒラメ釣りが楽しいとか言ってたの。釣れなきゃ釣りは楽しくないの!!!手に重みだけ残しやがって・・・・これしばらく引きずるんだぞ><

※ヒラメは根がない変化のない綺麗な砂浜でバラしやロストのストレスなく楽しむ釣りです。

チビソイと9ロストで本日のフィッシング終了です。

帰宅後の反省会で結論が出る。あそこは無理!

びっくりしたのが数日であんだけいた青物が全部消えた事。回遊系はやっぱり狙うとめんどくさそうですね。

やるせない気持ちをリーダーやバスにラインでぶつけ反省会をしたわけですが、出た結論が「ゴムボートで崖エリアまで出て浅くなっている岩の上に乗ってやるしかない!」って事になりました。

そのままゴムボートでやるのは違うんだよねw

釣れたらデカい。狙うまでは問題無し。でも釣りあげるのが地形的に厳しい。狙ってる時は超楽しいんだけどやっぱきついかなぁ。

このままじゃイカに移行できねーよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

トップへ戻る