シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

海に消えていった大好きなルアーさん達。癒しの投げ釣り日記。

函館の夕日

一旦サクラマスは諦めたと思いきや、諦めきれずHさんと知内方面へ数回投げては巻いて、たまに沈めて、トゥイッチして、ストップ&ゴーして、ワンピッチジャークして、飽きないように遊んでましたが、朝マヅメは釣れているようですが変な時間だと回遊してこねんだもん。

ガソリン代かけて遠出して、1000円前後するジグをロストして海を汚して、もーなにやってんだか・・・・。環境にも精神面にも悪い拷問釣行。

人より釣行回数多め&底マニアなんでループしたらきっついきっつい。

海に消えていったダイスキなルアーさん達。

人によって考え方は違うかもしれませんが、僕は基本、魚がいて、レンジがあって、食い気さえあればルアーはなんでもいいと思ってる。海の状況(潮)や水深(透明度や光)で変化はあるかもしれないけど丘からやる分にはなんでもいいはず。

ただ色んな形やタイプのルアーで、どうやって攻めてどうやって釣るかを楽しむために、色々使って遊んでいるわけですが、その大好きなルアーさん達が海に消えていくのはほんとつらい。

見た目も好きで使いやすいからロスト後に買いにいくんですが、なくなってしまっている事が多く、結果余計な買い物をしてしまい、家に帰ったら持ってる上に使ってないルアーだったぁーーーーーーーーーー。

最後はアマゾンでポチっとして、余計な出費ばかり。そしてダイソージグにはしると。

底マニアの宿命なんですかね。

こんな感じでサクラ狙いも根周りを狙う事が多かったので、沈めようもんならロストっすわ~~~><

癒しを求めて知内方面でカレイを狙う

手のひらサイズのカレイ

釣れない&ルアーのロストでボロボロになって、餌を投げる事に。サクラで拷問最中に投げてすぐにグングングングンッと反応があって、あっさり釣れちゃうカレイさん。前半は手のひらコンボでしたが、マヅメの1時間ほどは入れ食い状態でマジで癒された~。

2本くらい投げておいて、横でサクラ拷問オススメです。この時期のカレイは裏切らないので坊主回避できますw

近々どっかのタイミングで、バスと日本海の夜マコから朝マスの流れで楽しんでこようかと企んでます。マスはいいから50近いの分厚いマコガレイ釣りてぇーなー。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

トップへ戻る