シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

2019年ヒラメシーズン前に、道南(近場)でヒラメが釣れたポイントを紹介していくよ!

ダイソージグでヒラメ

そろそろ待ちに待ったヒラメシーズンですな!昨日、素敵な漁港を見つけて完全にスイッチ入りましたわ~。地形を感じながら狙っている時と大きい魚を釣った時に脳汁が出るタイプなんですね僕は^^やっぱり性格的にピンポイントお宝探しの方が合ってる。

海サクラマスが釣れない人のために書き記していく、下手くそアングラーの備忘録。
えぇ~本日は、まじめに早起きして朝から1時間ほど下海岸でサクラ狙い。いつもの場所は人だらけだったので、人がいない場所を選んでランガンしながら潮を確認し「...

この記事でメールをくれた方は拷問継続中のようで・・・・・。行ける時にちょこっとなんで釣行回数は少ないんでしょうけど、年を跨ぐってきつそうですね^^;

確率ゲーなんで、魚影の濃いシーズンに日本海通ったら何とかなりそうだけど、僕もいつかこんな事が起こるんでしょうね。こえーわwってか日本海通って喰らったら釣りやめれるね。

こういうマススランプに入った時に「何が悪いんだろう?」と考えられたらまだ楽しいのですが、たまたまルアーに気づいてもらえなかったか、回遊してこなかっただけ!だもんね。日本海の1級ポイント、沖ではそれぞれ全く違ったルアーや誘い方でみんな同じくらい爆釣するわけですよ。だからこれがマスのはずなんです。魚ですしーーー。

たまにポツっと釣れる程度なら、釣り方を確立する上でのサンプル数的にあまりに少なすぎるし、個人の少ない釣行回数で納得できる結論を出すのはきっと無理でしょうね。って事で〇〇さんヒラメやりましょう!もっときついから!

かかったらソゲかもしれないし、10キロクラスかもしれないし、たまらんお宝よ。いつもと違う重みを感じた瞬間に脳汁ドッパーですから。

道南のサーフ(朝チョコでいける)でヒラメを釣り上げたポイント紹介

湯の川方面

湯の川の鮃ポイント

最近はデカいヒラメじゃないと計測しないし薄い記憶ですが、多分ヒラメサイズはあったであろう湯の川で釣れたポイントはこの4か所。湯の川漁港に車をとめてちょっと歩くポイントですね。この周辺は魚影が濃いのでどこでも釣れると思いますが、ホテルの裏がいい感じ。

他とはちょっと違う潮の効き方をしていて、ブレイクもしっかりあり、根もあり一応排水かな?汽水エリアでもあります。巨大アブ、イシガレイ、サメなんかも釣れました。

しっかり底を攻めるとなると根がかるんでジグヘッドの方がいいのかな。不思議なのが、このポイントのちょい手前の湯の川漁港近くにいつも離岸が発生しているのですが、釣ったことがない・・・・なんでw?

夏になると波打ち際はソゲまみれになるし、排水のせいか海からがっつり洗剤の匂いがしてくるのが難点。狙うなら5・6月、10・11月くらいすかね。ソゲにまみれていきなり巨大なのが釣れるんでヒラメを釣りたいなら通う価値はあり。

ソゲの魚影だけは濃すぎる湯の川サーフで、シンキングミノーとポッパーを使ったヒラメゲーム。
函館の湯の川エリアのサーフで、サスケミノーとポッパーを使ったヒラメゲーム。

ここは良いポイントまでしっかりミノー系が届くので、特に活性が高いマヅメ狙いでミノーにボッコン食らいついてくるめっちゃ楽しいヒラメ釣りができます。10センチもないソゲが14センチのミノーを食ってくるのでそれがなかったらもっと良いのですが^^;

大森浜

大森浜の鮃ポイント

大森浜のここは何て言ったらよいのだろうか。前に函館温泉?があった場所の裏の方?角のところ?ちょろっと駐車スペースがあるので、そこに車をとめてサーフにおりて角のテトラ地帯。ここはテトラに波がぶつかって沖に潮が払い出されているポイントで、湯の川ほどじゃないけど少ない釣行回数でしっかり結果が出ています。

ここのワンドの真ん中くらいの沖に根地帯があって、攻めたいのですがロストしまくっている人を見てやめました。

石崎漁港

石崎漁港ヒラメポイント

石崎漁港に関しては、ちょろっとロックをやっている時に釣れただけですが、港内船道のポイントは毎日のようにソゲ多めですがヒラメが居ついていた。潮どまり方面のサーフから石崎漁港くらいまでの魚影はかなり濃いめです。

3日間で釣れた枚数30枚オーバー。ダイソージグでヒラメ無双(全部ソゲ!(゚Д゚)ゴルァ!!)
いやー暑くて昼間っから釣りなんてやってられませんね!強烈ポイントまで車で1時間ちょっとかかってしまうので、最近はおとなしく夕方まで仕事を頑張ってからの、...

もちろん夏になると狂ったようなソゲ地獄ですけど。沖のワンド部分は、リーダーが釣ったのですが根地帯になっていて、時期に通ったら大きいの釣れそうなポイント。

この周辺のちょい沖でヒラメ漁師さんが漁をしているので、タイミングが合えば大きいのもガンガン入ってくるんでしょうね。

朝チョコ、仕事終わりにチョロチョロっといけるポイントと言えばこのくらいでしょうか。

今年ヒラメを狙ってみたい道南の漁港

汐首漁港

昨日見つけた漁港の他に、青物プロのSさんから前々から聞いていたおっきなヒラメが上がる漁港と言えば汐首。この強烈な潮の中にいるヒラメなんで大きそう。ブリの時期になるとブリ師さんだらけだし、テトラが超危険なんで無理はしませんが、真ん中らへんに簡単な場所があるので、そこで狙ってみようかなと。

間違ってブリがかかったら、じっくりヒラメタックルで楽しみます。

基本ヒラメはどこにでもいるので、お宝探していきましょう!

紹介してきたポイントは僕が釣ったポイントで、たぶん良い時期の良い時間ならどこでやっても頑張ったらそこそこ釣れると思います。あとはどうお宝さんを探して狙って楽しむかですね。

それではサーフで体育座りしてぐったりしている男がいたら僕なので、見かけたらよろしくお願いします。ヒステリー起こさない程度にマスを狙いながらヒラメ楽しんでいきましょう。

あぁーラリアいきたいラリア。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

トップへ戻る