シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フィッシュイーターは何でも釣れる!万能すぎるダイソージグのカスタマイズ方法と使い方

ダイソージグ

北海道ではヒラメもサクラマスも、ソイもブリもアイナメも、普通に釣れちゃうダイソージグ。他で言うとタイやヒラマサ、ハタ系、マゴチなんかもいけちゃいます。小魚を模して造られているジグなんで、フィッシュイーターと呼ばれている魚は何でもいけちゃいます。

好きなルアーを使って、ルアーの特性に合わせた狙い方で魚を釣るってのが釣りの醍醐味でもあるのですが、1000~2000円するようなルアーをポンポンロストしちゃったらきついですよね・・・・・。

なるべく⇒テキサスリグでヒラメを狙う!適当アングラーの使っているフックやワームと狙い方。2019年バージョン!などで、その地形に合わせてロストしないのが理想ですが、攻めたくなっちゃう。

安いルアー=釣れない、みたいなイメージをもたれがちですが、実際使ってみると高いルアーと釣果は変わりません。なんなら魚が付いているストラクチャーなどをロストを恐れず攻められるので、ダイソーの方が釣れると言っても過言ではないくらい。底モノになると尚更^^

そんな万能型のダイソージグの釣果体験談や、カスタマイズ方法などを紹介していきたいと思います。

ダイソージグの種類

ヒラメ狙い用のダイソージグ

  • ジグベイト
  • ジグロック

ダイソーのジグはジグベイトとジグロックの2種類が販売されていて重さは40g、28g、18gの3種類。カラーはシルバーにグリーンゴールド、ブルーピンク、ブルーとオレンジもあったかな?たぶん3,4色なんですが、100円で塗装が雑なため混ざっているのもあってよくわからない^^;

ジグの他にもバイブレーションやミノー、エギなんかも売っていてそちらも高いルアーとかわらず活躍してくれます。バイブレーションに関しては、あーだこーだ言っていたシーバス用の高いルアーと釣果が全く変わらない事がバレ始めて、まさかダイソーがルアーメーカーの脅威となる日がくるとは・・・・。


●店舗によって釣具コーナーがないダイソーもあります。

このメタルバイブ欲しいんだけど、函館のダイソーでは今のところ見た事ないんですよね・・・・・。港内のロックとか楽しそう。

ダイソージグをカスタマイズ方法

戸井のサーフで釣れたアメマス

僕がダイソージグを使って釣り上げた魚種は、青物ならイナダ、ワラサ、ブリ。あとはヒラメと、ヒラメ狙いの時に釣れたアイナメやソイ。思い返してみると、釣行回数や他のルアーとの使っている頻度を考えると、釣果的には高いルアーとほぼ変わらない。

それと北海道ならではの、アメマスやサクラマス。

青物に関しては磯などで釣りをする時に、ダイソージグは40gまでしかないため、潮が早いときついくらいです。今凄くダイソージグが盛り上がっているので、200円くらいにして重くて長い青物向けジグも出そうですね。

函館周辺でジギングするなら万能なジグなのは間違いないんだけど、さすがに100円だけあって色々とモロさもあるんで、ダイソージグを使う上での注意点や改造なんかをまとめていきたいと思います。

トレブルフックとスプリットリングは要交換

フックは交換

ダイソージグの難点はとにかくモロい!「ちょっとまてよ!モロいあまりに釣れなかったり、ジグとして使えなくなる事を考えたら、ちょっと高いの買った方がいいかも・・・」って思ったけど、まぁそれでもギリダイソージグの方がお財布にはやさしいかな。

ダイソージグを購入したら、まず交換するのは①と②のスプリットリングと③のトレブルフック。港内にいる小さめのロック程度なら、このままでも問題ない。でも、ブリなどちょっと大きな魚がかかると、フックが伸びるしリングも伸びる。

サクラマス用ジグ

フックに関しては、アシストつけたりシングルでもダブルでもトレブルでも、この辺はお好みですね。

大きなブリやデカヒラメも対応するとなると、ある程度頑丈なトレブルフックとスプリットリングをつける必要があるけど、基本たくさん入っている安いやつで問題ありません。

スプリットリングは、対象魚に合わせた強度のたくさん入ったパックを買ったらOK。さすがに対象魚が大きくなるほど、良い物を使ってください。

この他に、ダイソージグは普通に折れる!ジグが折れるって信じられないでしょ?ぐにゃっと曲がることもあって、その時はスプーンみたいでいい感じ!でもロックをやる時にストラクチャーの際を攻めようとして壁に当たると折れる事もあるんです。

塗装もはげやすく(ベロンベロンに剥げていても特に釣果が変わらない)、気になる人は同じくダイソーに売っている「トップコート」で表面を薄くコーティングすると改善されます。これは絶対薄くですよ!

フックは安く良いものを変えると良いのですが、安さと強度に拘りたくなってきたら自作するのもありですね。

魚種によって魚影が濃いような場所に行くと、地元のおじさん達がえっ!てくらい塗装が剥がれたダイソージグで、普通にバンバン釣ってますので、そういうの見ちゃうとね・・・・・。

アピールしたかったら、ブレードやタコベイトをつけて

ダイソータコベイト

最近、ヒラメ狙いで人気があるタコベイトがついたジグが売っていますが、タコベイトもダイソーで売ってますので、アピールしまくりたい人はお好みで^^

ブレードは、もしかしたら取り扱っている店舗もあるかもしれませんがブレード単体では見た事がありませんね。色々調べてみるとダイソージグに、これまたダイソーで購入できるスプーンジグを装着して、スピンテールジグとして改造している人もいるので、やり方次第でカスタマイズは何でもいけそう。

ダイソージグを削るカスタマイズ

初期のダイソージグの形はどうしてもダサいので、削って自分が好きな形にするカスタマイズもおススメ。良い動画があったので紹介させてもらっちゃいます!いつも一緒に釣りに行くリーダーも削って細ジグにカスタムしたり、100円だからこそガリガリ削って何でもできちゃいます。

ただ拘って作れば作るほど、ロストした時はつらいです。

ダイソー製品だけを使った、発光カスタマイズ


ダイソージグをカスタマイズする上で良いところは、カスタマイズアイテムがダイソーで揃っちゃうところ。お店によっては取り扱っていない店舗もあります。夜など視認性を意識したい時のガンガン目立つ発光カスタマイズも良いですね。

釣れる気しかしないピカピカカスタマイズ


ここまで綺麗になるものなんですねw ここまでやっちゃうと正直ロストした時にきついやつです。塗装を削るとか安いダイソージグならではのカスタムで、これと削り、ワンポイントカラーなどを加えていくと、もう売れるレベルの完璧オリジナルジグに変化。

他のダイソージグをカスタマイズしちゃう動画

これはいいですね~。UV発光、夜行シール、アイの交換で、5,600円するようなジグと変わらない見た目に!改造アイテムを揃えるのにちょっとお金がかかっちゃうけど、大量に購入して一気にやっちゃったら、かなりお財布にやさしいし、釣りが楽しくなりそうですね。

動画後半ではダイソージグを使ってしっかりイナダも釣り上げちゃっていて、カスタイマイズしているけどダイソージグで十分!!

●ダイソージグ改造!スペシャルチューン!

こちらの動画はダイソージグのモロい塗装を強化しながら、夜光テープでゼブラ使用に改造しちゃう動画。こういう改造を楽しんでいると、オリジナルのジグを作りたくなったり、塗装が剥げたジグを塗りなおしたりできるようになるから楽しそう。

ダイソージグでのカスタマイズに慣れたら、他の激安ジグを使ってのカスタマイズもできちゃいますね。

ロストしたらもったいないけど、ホログラムシートを使ってカスタマイズ

カスタマイズしたダイソージグ

釣り具屋さんなんかに売っているホログラムシートを使って、自分好みのジグにカスタマイズする事も可能なダイソージグ。カラーもデザインも色々あるのですが、安く釣りをするためにダイソージグを使っているわけなので、ホログラムシートを使って作成するとちょっと値段がアップしてしまう。

それと綺麗にカスタマイズできると愛着が沸いてロストがきつい・・・・・。

それでも塗装を剥がして削って、形もオリジナルにして拘って作れば、それはそれで楽しさが倍増します。

ダイソージグの使い方

ダイソージグで海サクラマス

ダイソージグはただ巻きもフォールも何でもOK!

さすが100円だけあって安定しないダイソージグはものによって動きが違うんです。中国で大量生産しているせいか、形も塗装もとにかく雑。モノによって重心までもが違い、フォールに個体差があるってさすが100円なだけはありますね。

動きやフォールを意識して、自分のスタイルで釣りをしたい人にはおススメはできませんが、フォールがどうであれ、泳ぎがどうであれ魚がいたら釣れるので、あまり意識せずに使っても大丈夫。

ダイソージグは他のジグと同様にこれと言った使い方はなく、ただ巻き、ストップ&ゴー、リフト&フォール、ジャークと自分が好きな狙い方で、レンジを合わせながら狙うだけなんで難しくないです。

釣果が変わらないのがよくわかるので、信じて使い続けてみて下さい

ダイソージグが万能とかではなく小魚を模した形状のジグは、ショアの水深で釣りをする分には、泳ぎやカラーなんかを気にしなくても釣果はさほど変わらない。

どうしても値段が高い華やかなルアーの方が釣れそうな雰囲気はしますが、人間釣りの部分が9割と言われてるくらいですから><

たくさんのルアーを使って楽しむのも釣りなんで、華やかなルアーケースもありですが、一度全部ダイソージグにして、何日も使い続けて他と比べてみて下さい。

令和元年!ダイソージグを使って釣れたお魚達一覧(コスパ最強)

僕が函館なんで、地域によって釣れる魚種が全然変わってきますが、基本ジグで狙えるフィッシュイーターと呼ばれている魚は、ダイソージグですべて狙えます。

安く釣りを楽しむために、ダイソールアー(100均ジグ)だけを使った釣行日記。
ダイソージグだけを使った函館の釣行日記です。狙いはヒラメ、マス、ソイ、アブラコ、ブリとフィッシュイーター系はすべて狙っています。

ダイソージグで釣れたヒラメ

ダイソージグでヒラメ

まずはヒラメ。

最近のヒラメ釣りは根が多いポイントが多く、ジグよりワームを使う事が多かったのですが、久しぶりに入ったサーフのヒラメの魚影がかなり濃くて、ソゲばかりですが数日間で50枚近い釣果でした。

もちろん全リリースですが、後半はほぼダイソージグのみの釣果で。魚影が濃いポイントだからこそ他のルアーと比べてみて、1500円くらいの高いルアーであろうが、フラッシングやウォブリングが激しいルアーと比べても全く釣果は変わらずでした。

日本海の鮃

サーフでもたまにある根でロストしてしまう事を考えたら、ダイソージグこそコスパ最強!このヒラメは釣り仲間のダイソープロ前さんが釣ったヒラメなんですが、画像を見るとフックもスプリットリングも初期のままですね^^

60くらいまでのヒラメなら、初期のままでも大丈夫そう。

ジャーク&フォールで釣ったヒラメ

フォールですっぽりダイソージグを飲み込んだヒラメ。

北海道ならではの海サクラマス

サクラマスの口切れ

そしてサクラマス。函館周辺では1月くらいから6月までショアからサクラマスを狙えます。2019年は、後半にいい感じで本数を稼ぐ事ができて、ルアーはダイソージグオンリーです。

2019年,函館近郊の海サクラマス狙い終漁。思ったことや感じた事をそのまま書いてみました。
あけましておめでとうございます!早速新年早々に釣りに行ってきたわけですが、釣れないわ寒いわでやってられない。2019年函館近郊で最初に狙ったターゲットは...

大きなマス

このサクラマス個体数が多くなく、サクラマス用の3000円以上するルアーなんかも売っており、なかなか釣れないからこそすがる思いで高いルアーを買ってしまう人が多いようですが(僕もでーーーっす)、その後に自分の経験や他のたくさんの釣果サンプルを踏まえて考えた結果、3000円の綺麗なルアーを使おうが、100円のダイソージグを使おうが釣果は変わりませんでした。

戸井で釣ったサクラマス

ダイソージグを使ってアイナメ(アブラコ)

50アップのアイナメ

函館やその周辺でアブラコ(アイナメ)を釣っていく!目標は65アップです。

他にはソイとアイナメ(アブラコ)と、青物はまだいけていませんが、ず~っとダイソージグ縛りをしてみて、狙い方を殆ど変えていないのに他のルアーを使った時と全く釣果が変わらないので、高いルアーを買ってロストする事を考えるとコスパ最強ですよね。

アイナメ

ダイソージグで釣れたブリ(青物)

汐首漁港のブリ

イナダ、ワラサ、ブリはもちろん、サバなんかの青物も普通に他と変わらず釣れてくれます。ブリサイズになってくると、モノによっては脆いダイソージグもあるので、青物の強烈なパワーでグニャっと曲がる事もありますが安いので精神的ダメージが少ないのが最高。

ダイソージグを使った釣り動画まとめ(タイ、ワラサ、カマス、ハタ)

●ダイソージグでスゴいの釣れました

●遠州灘サーフでワラサ!ルアーはダイソージグ。

●ダイソージグでカマス爆釣!【ショアジギング】長崎県平戸遠征釣行記2

●陸奥湾マダイ&ボートロック ダイソージグ 青森県

一昔前は釣り情報は人づてに聞いたり、新聞や本、それとテレビだけの情報が頼りで、売るために作られたゲーム性や情報だけが偏っていましたね。魚によっての狙い方はあれど、ルアーに関してはビジネスの要素が大きすぎて初心者や情報弱者が釣られてしまう時代だったのですが、最近はネットで簡単に情報が入り始めて色々とバレ始めていますよね^^;

どうしても釣りって海の中は見えないし、個々の少ないサンプルの印象が先走ってしまうし、ビジネス要素が強くても影響力がある人が言えば言うほど偏ったデータになってしまっていたのが、情報がはやいネット社会になって徐々に誰でも楽しめるルアーフィッシングに変わりつつありますね。

最後にダイソージグは入門ジグとして最高!

ダイソージグ

ここまでダイソージグをおしておいて、こんな事を言うのもなんですが!

釣るだけならダイソージグで十分!でも色んな形や動きが違うタイプのルアーがたくさん出ているので、狙い方なんかを突き詰めたい人は、色んなルアーを使って遊んだ方が楽しさは倍増します。

かと言ってダイソージグだって他のルアーと変わらずに、重さも形も種類があるのでアングラー次第で色んな動かし方や狙い方ができるので、大きな差があるってわけでもないんですけど。

入門ジグとしては最高なので、安く釣りを楽しみたい初心者さんで、特に釣り方に拘らない人なんかは、絶対におススメできるジグです。

僕の場合は、元々潜って海の底を探検するのが大好きなせいか、エリア内の魚がいるポイントを突き詰めて探る事や底の地形をルアーから感じ取って脳内海底地図を作る事に喜びを感じる底変態なので、狙い方より地形攻略タイプなんで本当はワームがベストなんですけどねw

ヒラメ狙いでお世話になったハードやソフトルアーを書き殴っていくよ!
中途半端な過去記事を修正しながら合体させているので、この記事は2017年に書いたもの。ですが、2019年新たにお世話になったルアーを追記しながら、これからは...

ルアーによって、狙ったポイントをしっかり狙えて気持ちよく釣りを楽しめるものもありますし、変なルアーで変な狙い方をしてみたり、型にとらわれず色んな楽しみ方で遊んでください。

次はダイソーワーム縛りでヒラメ狙ってみようかな^^

ダイソーワーム

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

トップへ戻る