シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

デカヒラメを足元でバラしたら泣きそうになりますよね。

綺麗な夜空

サッカー終わりましたね。クロアチアに優勝して欲しかった^^

もう身体能力が高い移民を受け入れて、小さい頃から徹底的にサッカーの英才教育した国勝ちな感じなんですかね。

今年に入ってからヒラメを釣ってみたいって事で、一緒に釣りに行くようになった前さん。今年はかなり岸寄りが遅く、ヒラメを釣る前にデカアブ、サクラマス、デカゾイと釣りとしては充実しながらも、肝心のヒラメが釣れず修行だけが続く。

そんな前さんが座布団クラスのヒラメを足元でばらし、くやしくて眠れないって事で一睡もせず3時から特殊なサーフに張り付く。

サイズは選べませんが、デカいのバラシた時に手に残ってる重さったらもーー。⇒座布団ヒラメをバラした呪い継続中。下海岸サーフで夕マヅメ釣行。(7/9巨大アブ追加)

去年入ってみて素晴らしいと思って通っているポイントなんですが、数人で2年通ってわかった事は

  • アブラコは60センチまでいる。50前後ならかなりいる。
  • ソイは釣れたら40~50センチ。
  • ヒラメは少ないけど、釣れたら大きい。
  • サクラマスとアメマスがアホみたいに溜まる
  • 青物も回ってくる

サーフなんですが海の中は良磯みたいな雰囲気なんですかね。誰も入っていない&入っても粘らないなんで、やっぱり探して通うのって大事ですよね。

釣れたらデカいわ、ストラクチャーがきつくて探るのも釣り上げるのも凄く難しいポイントだしで、メインターゲットにしているヒラメが釣れなくても本当に楽しい。

とりあえず釣ってみたいからソゲでもいいって言うんで、釣るだけならソゲ溜まりの大森浜・湯の川か、噴火湾・日本海の魚影が濃いポイントに行くべきだし、時間はある人なんで通っていたらもうさすがに数枚はあげていたと思う。

それなのに初っ端からとんでもない場所を紹介してしまったかな・・・・と反省しながらも、僕をふくめて、もうノペーっとしたサーフに戻れない体になってしまった^^;

もうみんなグチャグチャ大好きに!

ストラクチャーの裏に潜むヒラメを狙う

アカハラさんが釣った2枚、前さんがばらした座布団の居場所を考えると、手前エリアには寄っておらず、40メートルほどキャストしたストラクチャーの裏の潮が強いエリアに寄っているようで、前さんはヘビキャロ、僕はロストしないかドキドキしながらジグ・プラグ・ワームと投げまくる。

去年は足元まで岸寄りしていたのですが、まだ沖目なんすかね~。

50アップのアイナメ

手前エリアは巨大アブだらけなのでコンッコンッ激しい。

途中別のポイントに入っていたバッさんが「誰も釣ってねーーーー」と合流。バッさん今年は100枚いくのかな?(ダイソージグ縛り)

アブラコゾーンで活性高めっぽい強烈なあたりからアブ。なかなか正確な手定規で計測すると53・4ってとこですかね。ちょい沖でかかったので小振りの青物並にひいた^^

その後も、アブ  アブ  バラシとヒラメな~~~っし。沖目を狙う時はテキサス+デカワームで、プラスかけたら強引なファイトをしてまずは浮かせなきゃダメ。沖でかけてからのバラシやフッキングせずが多数なんですがヒラメではない事を願いたいところ。

かなり大きめなアメマスもポンポン跳ねていて、デカワームの着水直後や着底前にブルンブルンあたってくるのはマスかな。

今日も修行&睡魔との闘いでしたがグチャグチャゾーンがクッソ楽しい。

本日のロストはコアマンのバイブ「アイアンプレート」。はじめて使って飛距離とテーリングの少なさに満足!沖の根ゾーンではなくて何もないっぽいポイントでロスト。これだからトレブルは怖い・・・・・。

睡魔が限界で先に帰宅し、粘っていた前さんから送られてきた画像は

ダイソージグでアブ

ダイソージグからのここでは小さめの子アブ!

さぁ修行続いても、大きいの1枚求めて頑張りますよー。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

トップへ戻る