シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

【道南ロックフィッシュ】ソイの魚影が濃すぎるソイパラダイスの漁港で、6時間釣れっぱなし!

ソイパラダイス

ヒラメ師のバスが、前回、涌元方面で釣ったソイの煮付けに感動して「もっと食いたい!」って事で、サイズはあんまり期待できないけど、量は期待できる道南にあるソイパラダイスへ。

今回のロックフィッシュ釣行の同行者は、バス、Hさん、女子高生アングラーYちゃん。

こんだけいたら、30匹くらいは余裕だろうと、目標を30匹に設定して行った結果、時間も忘れて6時間釣れっぱなしで100匹はこえちゃったと思う^^

サイズは20センチ前後が殆どで、大きいものでやっと30センチ前後だけど、なんぼでも釣れるから、ルアーや誘い方、レンジを変えながら反応を楽しむ釣りはほんと楽しかった。

7時くらいに漁港に到着して気付いたら11時とか、それくらい夢中になってましたw

何をやってもソイが釣れる爆釣状態に突入!

ソイパラダイス

口癖のように「煮付けてー煮付けてー」うるさいバスとポイントに到着してスタート!

開始早々チビソイの猛攻にあい、20センチ前後の黒ソイとマゾイがボンボン釣れる。最初はデカソイ狙いて、大きめサイズのワームを使っていたんだけど、テール部分をついばむような、当たりだけのものが多すぎたんで、ワームのサイズを下げてみると、面白いように決まるフッキング。

最初はサイズが気になったけど、いつものように到着後数分で、大きめなソイを釣り上げる女子高生アングラーYちゃん。おっきいのいるんじゃ~ん。

リールはドラグゆるゆる、ロッドも適当な短いものを使っているせいか、30センチくらいのソイでもめちゃくちゃ引いて楽しい!

ワームは、グラブ、カーリーテール、ピンテールシャッドテールに、カラーはもうめっちゃくちゃ何でもOKw レンジに関してもボトムから表層までソイだらけ!ジップロックにごちゃっと入れていたものを適当にとっかえひっかえしてたんで、やっぱり何でもOK!

サイズは4インチ5インチでもバイトはあるんだけど、口に入りきらないからフッキングできないだけで、この日はサイズ・カラー・形状とソイが多すぎて何でもあり。

一応釣れない時のためにガルプも持ってきたけど、「何だこのソイパラダイス・・・・」ってな状況だったもので^^

反応が良いリトリーブスピードを実験してみた!

ソイを狙う時って基本は、ゆっくりスイミングかリフト&フォールで狙っているんだけど、ゆっくり巻くのがたまに飽きちゃう事があって、こういうソイの魚影が濃い時に色々リトリーブスピードを実験してみようと、活性が高い時はどのくらいのスピードまでバイトがあるんかなと試してみました。

●昨日の実験結果

  • 表層~サクラマスを狙うくらいのかなり早いスピードで巻いても余裕で食ってくる。
  • 中層~少し早めでも遅くても全然OK。
  • ボトム~反応薄め。そもそも早巻きでレンジキープが無理げー。

表層にいるソイは活性が高めなんで、ある程度早巻きでも凄いスピードで追ってきますね。昨日の活性の高いソイは、早巻きの時はガンガン当たるけど、ストップなんか入れようものなら興味をなくしてUターンって感じでした。

それでもUターンした後に、フォールしていくワームにボトムにいたソイがバイト!なんて事は多数^^ それくらい魚影が濃すぎたぁ~。

中層はよくわっかんね。

ボトムはやっぱりリフト&フォール!

昨日はこんな感じで、活性が高い時は実験のサンプル数が増えるから楽しいですね~。

愛のリフト&フォールでサイズアップ!

ソイと言えばフォールでモサッとした口に吸い込むような当たりからのフッキングが決まる瞬間が楽しいですよね!気のせいかもしれないけど、フォールで食ってくるソイってサイズが大きくないですか?

ボトム周辺で小魚を待ち構えているデカソイに、愛をいっぱいこめたワームをフォールで送り込み喰わせる!!!

そんな愛のリフト&フォールで後半は、そこそこサイズアップしていき、シマゾイも混ざり始めて、鍋いっぱい煮付けられるだけのソイをお持ちかえり!

デカソイは期待できなくなるシーズン突入みたいだけど、煮付けライフ楽しんで行きましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

トップへ戻る