シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

釣れたのはソゲばかり・・・・。2016年函館のヒラメ釣りを振り返る。

h-dauwirweyyrewewwe

ベイトが大量にいたせいか、2016年の函館は入船や海洋センターで80センチ以上のヒラメが釣れたりやっぱり異常でしたね。そんな座布団ヒラメを狙って7月くらいから、行ける時は色々いったけど釣れるのはソゲ(40センチ以下のヒラメ)ばかり・・・・・・。

昼はサーフ、夜は常夜灯周りによってくるイワシを食べにやってきたヒラメ狙いと、昼も夜も何度も何度も漁港とサーフに足を運んだけどソゲばーーーっかり。

木古内とか知内にいってもソゲだからね。きっと2016年は呪われていたんだな。

大森浜でヒラメ狙い

函館の大森浜

サンリフレ裏、植物園裏、湯の川漁港周辺やそこからランガン。数は大量だけどぜ~~~んぶソゲ。

大森浜はソゲ溜まりだとは聞いていたけど、一枚くらいヒラメサイズ上がってもよくない?

ただ一つ発見があって、街から遠くなるにつれてサイズもアップしてた。ソゲだけどね。

ヒラメ35センチ

大森浜であげたソゲの中で一番大きかったのが、植物園裏で釣った35センチ。温泉が流れてる松倉川の河口に、いついっても綺麗に潮目ができていて、そこだけ深くなっているんだよね。朝マヅメと夕マヅメは深み狙いで釣果は100%。全部ソゲね。

ソゲの魚影が濃いから、カレント(離岸流)も潮目も関係なく釣れるけど^^

ちなみに、ここでヒラメ狙いしていた時に⇒2016年の函館で異常発生したブリ(イナダ・ワラサ)が釣れた漁港やサーフまとめ。のブリ釣行につながると。

ジグのジャーク&フォール、ワームのストップ&ゴー、ただ巻き、目の前にさえ落としてやったら何やっても釣れるよ。

アジングしてても釣れるのはソゲ

アジングで釣れたヒラメ

釣り具屋いったらアジングコーナーなんてのが出来ていて、函館の釣り関連ブログをチェックしたら、みんなやってるのね。面白そうだから、ちっこい竿にほっそいPEつけてドラグをユルユルにして、夜の漁港の常夜灯近辺を攻める。

アジングって初めてやったんだけど、これがもう楽しくってね。棚やワームカラーやアクションを考えながらその日のパターンを掴んで(実際はパターンがあるのかどうかわからないw)ポンポン釣れ始めたらめっちゃくちゃ楽しい。

マイワシやカタクチに混ざってアジも群れで夜の港内に入ってきていて、日によって底にいたり表層にいたり潮でも変わってたな。

そしてアジングの表層狙いで、いつもと違う強いヒキ!

ソイかなぁ~っと、ゆるゆるドラグをジャージャー出しながら巻いてくるとヒラメ!

ヒラメもカタクチ食べに港内に入ってきてたんだね~。ソゲだけどね。

ふぐのおかげで大量のワームをロストしたけど、また来年もアジングやりたいな~。アジングで使っていたワームは、アジ職人とダイワの月下美人。この月下美人がいい感じで、後半はずっと月下美人ばっかり使ってた。(たぶんなんでも釣れる)

そしてヒラメの夜釣りの聖地、涌元漁港へ

涌元漁港

聖地は言いすぎかもしれないけど、夜ヒラメの実績が高すぎる涌元漁港。この漁港は昼も夜も人気で。なかなかいいポイントに入れないのが難点。(5月くらいから12月までいけると思うけど、ベイトがいなきゃヒラメもいません。)

常夜灯に集まったアジとマイワシを捕食しに、夜になるとヒラメが入ってくるみたい。(昼も釣れる)

しかも、大森浜と違って釣れたらほぼヒラメサイズで60センチくらいまでは上がってるし。

涌元漁港も何度か通ったけど、隣の人がデカヒラメ釣ったり、隣の人がヒラメの鋭い歯でワームをすっぱりいかれたり、いっつも隣。

色んなワームとジグヘッドを試して、ジグも色んなの使って、バイブレーションもミノーもペンシルも使って、攻めてはロストして頑張ったけどいつも隣ばかり・・・・・。(目の前にさえ落としたら食うから、何でもいいのはわかってる

いそうな場所は底から全部探って、潮が変わったら入ってくるかなぁと投げまくり、結局ヒラメの当たりは0。

必ず誰かあげてるんだけどね。

涌元漁港のソイ

ソイだけはいっぱい釣ったよ。涌元漁港のソイはほぼ30アップばっかりだったから、そこだけ楽しめた。ってかソイ釣れてなかったら心折れてた^^;

煮つけ、刺身、汁もの、トータル的な味で言ったらソイの方が好き!って人の方が多そう。

そうそう、ヒラメ狙いで色んな漁港に行くと

何釣ってるんですか?

ヒラメ狙ってるんですよ

ヒラメ?いないいない!聞いたことないって

漁師さんやおっちゃんと、こんな感じのやりとりが毎度あるんだけど、餌(ベイト)さえいたら、どこの漁港でも入ってくるんだけどなぁ。

そんな感じで、2016年の函館ヒラメ釣りはソゲ40枚くらいかな(´;ω;`)ウッ…

一回だけ木古内サーフで、凄まじい重さのヒラメっぽいのばらしたけど巨大アブラコだった可能性もあるんだよな。

ヒラメ狙いで海の底へと消えていったルアー達

最後に、底を丁寧に攻めすぎて大量にジグやジグヘッドをロストしまして・・・・・ちょっと覚えてるだけでもまとめてみよっと。

  1. ハウル ピーチウォーカー 3
  2. 闘魂ジグ   2
  3. ジグヘッド 大量
  4. シンキングミノー 1
  5. ダイソージグ  4

サーフだったらロストするのは沈み根を攻めた時くらいで他はほぼないんだけど、漁港内だったら、最初はダイソージグで地形確認しなきゃ、ルアーがいくつあっても足りない。

しかもフッキングの事を考えて、欲張ってトレブルフックにしちゃってるから尚更ね(;´・ω・)

ハウルのピーチウォーカーに関しては、使ってみたくて買っていった3投目くらいにロストだし・・・・。セットだから1000円がぁーーーー!

熱砂のスピンビームも数個買ったけど、怖くて使えん!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

トップへ戻る