シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

ショアスローでヒラメを狙え!スローブラッドキャストのオーバルタイプのインプレ。このジグはかなり好きかもしれない。

スローブラッドキャストオーバルタイプ

仕事が終わりイカ釣りに行こうと思ったら、降水確率0%なのに雨が降っとりますやん!濡れたテトラは危ないので迷い中。8時には雨雲が無くなるので乾きそうな24時くらいから入ろうかな。

暇だったので、つい先日購入したスローブラッドキャストのオーバルタイプがとても良い感じだったのでインプレなんかを書いてみたいと思います。たぶん函館の釣具店にも売ってるとは思います。

ってか確か釣具屋で買ったからあるはず!

スローブラッドキャストオーバルタイプの特徴とインプレ

スローブラッドキャストオーバル

PALMS

スローブラッドキャストは、膝先輩の沼田さんがいるPALMSから販売されているスロージギング専用のジグです。

ヒラメ

これもスローブラッドキャストシリーズなんですが、これはスリムかな?スリムワイドオーバルとあといくつかの特徴が違うタイプがあって、今回紹介するのは使ってみてこれはいいなと思ったオーバルタイプ。

スローブラッドキャストの特徴

  • Zライトメタル
  • 幅広扁平のボディ
  • 上面Vシェイプ
  • ティンプル形状

この辺は文字でかかれてもさっぱりなんで、実際使ってみた感想を書いていきたいと思います。

キャストが決まると凄まじい飛距離が出せる

スローブラッドキャストの裏側

最初使った感想は、平べったいんで空気抵抗を受けやすく変化がかかるわ、しっかりコントロールしなきゃ飛距離は出ないわで、ストラクチャーの際をしっかり狙いたい時に変化がかかるとミスキャストになってしまい「これマジで使えんジグだな・・・・」と思っていました。

でもね、何投もして飛行姿勢を綺麗にするキャストのコツを掴むと「うそん」ってくらい気持ちよく飛んでいくんです。ただ横風に弱い可能性もありですかね。追い風に乗った時の飛距離は、今まで使ってきたジグの中でナンバー1。

飛行姿勢

当たり前ですが、こんな風にジグが真っ直ぐだとめっちゃ飛んでいって

ダメな飛行姿勢

キャスト時にちょっとでも横向きになっていると風の抵抗をモロに受けて、更に変化がかかりまくると。

綺麗に決まった時は、今まで届かなかった遠くのブレイクやストラクチャーにも届くようになってほんと嬉しい。ただ思わぬ時に消える魔球のような変化がかかるので、これは僕のキャスト精度がまだまだ甘いのかなと。

綺麗に飛んだー あれっ?どこいった?」こんな現象がたまにあります。

スローと言うだけあって、フォールがとにかくスローすぎる!

最初に変化がかかってしまう印象があったんで、あまり使ってはいなかったんですが、使い慣れて使用頻度が高まってみるとフォールのスローさにびっくり!

  • ワイド~90センチ
  • スリム~80センチ
  • オーバル~60センチ

スローブラッドキャストの10グラムから60グラムの1秒間の平均沈下速度がこんな感じ。ジグによって沈下速度は色々ありますが、30グラムのジグで大体1秒間1mくらいなんで、このオーバルタイプの沈下速度の遅さはびっくりです。

水深が浅いエリアなんかだと沈下速度が速いジグを使うと、リトリーブスピードも速くしなきゃいけないし、ゆっくり巻いてゆっくりアピールしたいヒラメを狙う時にはリトリーブもフォールもゆっくりな方が良いと思うんですよね。

ちなみに使用した時に隣でリーダーが重さが一緒くらいの別のルアーを使っていて、沈下速度を比較してみたところ、リーダーがカウント5に対して、スローブラッドキャストのオーバルはカウント13から15でした。

潮が速いエリアだったので沈んでいる時の潮の影響を受けやすいのもあるのですが、それにしても2倍くらいアピールの時間が違います。

カラーバリエーションは14種類。僕の持ってるカラーは何色ですか?

スローブラッドキャスト オーバルカラーバリエーション

  1. ゼブラグロー
  2. ゼブラレッド
  3. イワシ
  4. ピンクバックグロー
  5. コットンキャンディ
  6. コガネアジ
  7. クリアマグマ
  8. ブルーピンク
  9. スーパーシルエット
  10. アカキン
  11. ゴールドグリーン
  12. ゼブラゴールド
  13. ゼブラRG
  14. ゼブラオレンジ

僕の持っているカラーがこの中にないのですが偽物なんでしょうか・・・・・。限定カラーなんかな?正直、見た目的には平べったいし「あっこれいい!」と見た目買いするようなカッコいいジグではありませんが、しっかり狙いを考えてやっている人が使ったら良さがわかると思います。

スーパーシルエットとクリアマグマ買い足ししようかな。ゼブラRGもキラキラしてていいな~。

スローブラッドキャストを使った動画一覧

いいなぁクエいいなぁ。まぁこんな磯で使ったら確実にアホみたいな量をロストするんで、底にいる根魚狙うならワームにテキサスの方がいいんですけどねw

遠浅サーフでも良いし、ブレイクに向けてピンポイントでじっくり見せるも良し!ヒラメ狙いにオススメなオーバルタイプ

とにかくフォールが遅いんで、ヒラメにじっくりと見せる事ができるオーバルタイプ。食べるのが下手で、低活性時には全く追ってこないヒラメに対してじっくり見せるられるってのは良いポイントだと思います。

遠浅サーフで広く探りたい時なんかだと、飛距離で考えたらある程度は重めのジグを使う必要があるので、そうなった時にどうしてもフォールが速くて底をズル引き・・・・なんて事もあり、そんな時にフォールが遅いと上を見ながら餌が通るのを待ち構えてるヒラメにしっかり見せる事ができますね。ズル引きしちゃうとマジで釣れませんからね^^;

ブレイクがわかっているポイントだと、ブレイクに向けてアピールしたい!となった時にフォールが遅いから、ちょっとのリフトでも余裕を持って細かく刻む事が可能。

攻め残しがなく丁寧に底を探りたい!って人向けですね。

他のジグと大きく釣果が変わるか?と言われたら、あまり変わらないと思いますが、ヒラメ狙いにおいて魅力的なジグです。

結果、他のジグと比べてヒラメが多く釣れるのか?と言われたら、「変わらないんじゃないですかね?」ってのが正直な感想ですが、思ったように狙えて思ったように扱えるってのが凄く大事で、オーバルタイプの魅力はゆっくりなフォールスピードでうまれる時間的余裕ですかね。

特に底に沈めきらないで細かくリフトしたい時なんて、このゆっくり感は次の動作に移る余裕もうまれるし、水深が浅いエリアでの巻きも超ゆっくりでいいんで見せてる感がハンパない!

こんなに長く底周辺をキラキラさせちゃってるなんてやっべ!」ってな具合です。

目の前に凄い勢いでドーンと落ちてくる餌っぽいものより、ゆっくり美味しそうに見せた方がいいような気がしません?魚じゃないから知らんけど!

底を攻め残しなくじっくり探りたいヒラメアングラーさんは、きっと使ったらオーバルタイプの魅力がわかってくれるはず!

底ギリギリを

なるべく長く 

キラキラさせたい

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

トップへ戻る