シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

普通のエギと餌巻きエギの釣果の違いや良かったポイント

函館のアオリイカとヤリイカ

去年だか一昨年に、テーラや餌巻きエギをたっぷり入れていたジップロックをテトラの隙間に落とし半べそで補充した餌巻きエギ。

イカのノリが違う!とにかく爆釣すると言われている餌巻きエギですが、数年使ってみてノーマルエギとの違いや良いポイントはあったのだろうか。

色々考えて狙って釣りたい人にとっては邪道と言われているエギですが、反応の違いがよくわからないので寄せる力的にはノーマルエギと一緒と思ってる。

餌巻きエギとノーマルエギの違い

餌巻きエギ

販売サイトではノーマルエギと比べると恐ろしく釣果が違うみたいな事を書いていますがどうなんでしょう^^;

釣果の違い

そもそもいなきゃ釣れないし、群れが大きかったり、やる気のあるイカが釣れるときは何を使おうが反応はみんな同じくらいあるので、イカを寄せる能力はこれといって違いは感じていない。

水深がもっとあったり、デイで使うと違いが出るのかもしれないけど、夜狙う分にはテーラや他のエギとの反応数の違いは感じない。

餌がついてるのでアミノ酸パワーがあるのかも?ですが、ある程度は寄せなきゃ反応しないんで群れの大きさが大事かと^^;

抱きに気付かない時のノリだけは違う

アタリがしっかり出てくれると良いのですが、横抱きでラインだけフワっと浮いていたり、持ち上げられてフォールしなくなったり、「まだしっかり抱いてないな?」みたいなイカ特有のわかりづらいアタリの時のノリが圧倒的に違います。

デイとか夜でも港内ならなんとかなりそうですが、明かりがないテトラでの釣りになるといちいちライン気にしてらんないし、秋・冬となると厚手の手袋を装着しているのでラインメンディングなんてやってられません。

そんな時に少しでも長く抱かせていられる餌巻きエギは最高かもしれない。

餌を取り替えるのがめんどくさい

モゾモゾっとした「抱いてるかな?品定めしてるのかな?」みないな雰囲気で回収すると、そこそこ餌が食われています。ここでしっかりノセられる上手な人なら良いのですが、下手な上に夜のテトラからだとわからな~い。

餌無しでも普通のエギとして釣れるんですが、やっぱり餌は付けておきたい。

ただ付け替えがめんどくさいでーっす。

それとフグ地獄の時は使ってられません・・・。

餌巻きエギの使い方

餌巻きエギ

使い方は普通のエギと変わらない。投げて探りたいレンジまで沈めてアクションは横でも縦でも適当に。アクションせんでも大丈夫。

ウキを使って使用する

餌巻きエギとウキ

出典:KEYSTONE

キーストンさんのページを見ると、まったり釣りをしたい時はテーラと同じようにウキを付けて楽しむ方法もあった。エギにするとどうしても沈むのが遅いので、群れが到来してる時は手返しでテーラの方が良いとは思います。

エギングに近い探り方をしながら、コンディションの悪い夜の漁港などでやる時は当たりがわかりやすいウキをつけた方法はありかも。

キーストンの餌巻きエギは買ってすぐロストしたのかな。記憶が薄いけど釣果の煽りが凄いんで使ってみようかなw

餌巻きエギのアクション

餌が付いてるから放置で釣れるとは言われてますが、放置するとロストするので狙いたいレンジまでカウントして沈めたら、巻いて沈めて繰り返すだけでOKだと思います。

アクション考えるより、回遊コースとか溜まりやすい場所考えて狙った方釣れます。

餌巻きエギの良かったポイント

イカ釣りの用意

色んなタイプのエギがありますが、多少の釣果の違いは、群れの大きさ、活性、場所やレンジの問題と判断していて、あと長い目で見て比較した時に違いが全然わからないしキリがないので拘るのやめようって思っているのですが、餌巻きエギならではの良い点もあるので紹介。

発光させてロスト回避

発光する餌巻きエギ

餌を付ける事より発光に惹かれて買った餌巻きエギw

近くに常夜灯があるポイントでの夜釣りだと気にせずノーマルのエギを使えるんですが、夜のテトラからの釣りだと回収時とヤリイカが溜まる際を狙う時に困るんですよね。その点、がっつり発光してくれてると、回収も風に流されてしまった時のキャストコースも把握できてロストしない。

浮き釣りとエギンガーのトラブルが増えているようですが、発光させておくとキャストコースも他の釣り師さんにわかるので、お祭り回避にもなる。

ちなみに月明りなどで発光させすぎるとダメとかよく聞くんですが、釣果の違いがわからないので限界まで光らせてロストしないように使ってます。周りと変わらず釣れます。

普通のエギでもグロー系はあるんで、それでも良いんですけどね^^ それプラス抱きの良さって事で餌巻き。

濁ってる時は発光で違いが出るかもしれない。

エギをしっかり抱いててくれる

やりにくい場所やコンディションが悪い時こそ発揮する餌パワー。

釣れてる時に餌を付け替えるのめんどーで餌無しテーラでやっていた事があるんですが、ラインを張ると反応があるのに抱きが悪いんですよね。それと同じような感じで、反応はあるんだけど放置しすぎると明らかに放すのがわかるノーマルエギと違って、イカの執着反応が全然違う。

それとイカが近づいて見の状態の時に、餌から出てる汁で多少は寄せるパワーあるのかも。

餌巻きエギに付ける餌

you tubeで検索したら色々つけて遊んでますね。僕は今、放置しすぎて腐ってめっちゃ臭い鳥の胸肉を付けてます。周りも1年テーラに付けっぱとかカッピカピとかばっかり。

  • 小魚系
  • 鶏肉の水抜き
  • 野菜
  • 動物性の塊

餌は何でも良さそう。餌が大きすぎるとフォール姿勢が悪くなってイカが抱かなそうって思ってたけど、重すぎたり、重さが偏って垂直でも普通に変わらず抱いてきます。

色々考えるのめんどくさくなって、マジで適当にやってるけどみんな一緒に釣れるから大丈夫!

100均エギで自作餌巻きエギ

函館でエギング

色んなタイプのエギがあって、デイとか、場所、コンディションによってはタイプを使い分けた方が狙いやすいし楽しんだけど、釣りたいだけならダイソー餌木で変わらない。

そこで器用な人はダイソージグを餌巻きエギにカスタマイズする事も可能。夜光カスタムもしたら1000円くらいで売ってる餌巻きエギと変わりません。

ダイソー餌木は布みたいなのがモロすぎてすぐ剥がれるけど^^;でも大丈夫!剥がれても反応変わらんからー。

色々模索中のテーラとエギで欲張る二刀流

2021年!堤防や漁港からヤリイカを狙うウキ釣りのやり方!注意点や必要な道具など
さぁ2021年、秋のイカラウンド始まりました。鮭、ヒラメ、ソイ、イカ、戻りブリと美味しい季節!ここ数年は鬼のようなイカ激減傾向できつい釣りになっています...

イカ場に行くとおじいちゃんとか1人で竿3本とか出しててすげーなとw場所とりすぎて邪魔だけど^^;

イカはやっぱり数が欲しいんで、釣れる時は欲張りたいところ。なんならイカが切れて暇な時間はソイも夜ヒラメも狙いたいとか思ってしまいます。

イカって群れが大きいと何でもありなのは感じますが、レンジと場所は比較してみていると結構シビアな時もありますよね。広範囲のレンジを刻んで探るって事が一番釣果を上げる秘訣なんだとは思いますが。

シーバスロット1本で4種狙っていく

  • ワンタッチ着脱式の⇒テキサスセット
  • テーラとエギと餌
  • 着脱式のイカテーラ用ウキ仕掛け(棚は固定)
  • ウキ釣り用のソイの針と餌(ワームでもOK)

ポイントまで車から距離がある漁港だと行ったり来たりめんどくさい。そんでもってイカの他にあれもこれも楽しみたいとなると、シーバスロッド1本とジップロックに仕掛け関係を詰め込んでソイ、夜ヒラメ、ヤリイカ、マイカを欲張る作戦。

エギングロッドは高いテトラからだと、これからサイズアップするマイカをたぶんぶち抜けない。感度はいいんだけどシーバスロッドでも十分わかる!ってか軍手で何が何だかわからんしw

イカだけに絞れやって話しですが、秋は忙しですから~

これで朝イカまで楽しんでスプーンかミノープラスで鮭も視野に入る。狙おうと思ったら秋は忙しい。

冷えて澄んだ星空の天体観測もしなきゃだし。

表層はエギで

巻きでウキとテーラ(密着してるとダメね)を離したセッティングをしているとテーラの表層スイミングでも釣れるんですが、沈むのが遅いエギの方が表層狙いはしやすい。ちょろっとアピールさせるアクションもエギなら表層キープでできるんで、レンジが表層に偏ってる時はエギで狙う。

中層はテーラで

狙う水深にもよりますが、5~6mくらいの水深で中層にイカがいると、活性にもよるんですが表層で殆ど反応してこない時もある。

そんな時は沈むのが早いテーラで中層狙い!

悩ましい底狙い

ヤリイカ絶好調中の松前漁港で、寒さと強風に耐えながらデカヤリ狙ってきた。3/12松前漁港攻略を追記しました。
ヤリイカが食べたくなって、ここは気合で!と松前漁港へ。予報では風はかなり強め・・・・。ウキならなんとかなるべくらいの気持ちで出発~。途中で春のヒラメのた...

アタリなくなったなぁと思ったら底べったりにいたり、時間や活性でコロコロレンジが変わるイカですが底狙いが悩ましい。ウキの棚変えるのもめんどくさいし、根掛かりも怖い。って事で地形を把握してる事前提にエギで狙っていくわけですが、沈むの遅くてイライラ・・・。

この時だけテーラ単体で底狙いか、カンナだけ出して沈みが早い餌の塊ぶん投げるのもありだな。

イカだけは欲張っていっぱい釣りたい

2021年!函館のスルメイカとヤリイカ釣りは終漁しました
さぁ始まりました。何よりも好きなイカ釣りシーズン!函館のマイカどころかヤリイカも激減し始めてから数年、かれこれ2か3年ほどきつくて辛いイカ釣りが続いてい...

ほんとイカが釣れ始めてくれて感謝!沖は不漁なんでたまたまの可能性が高いですが、イカ釣りだけが楽しみなんでよろしくお願いします。また色んなもん買ってきちゃったから、猛爆がピークでフェードアウトしてったら泣くわ。

さぁ目標の1000杯まであと308杯。イカは欲張って欲張ってイカ生活楽しんでいきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

トップへ戻る