シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

函館の大森浜で、初めてサクラマスを釣り上げた日記と感想など。

サクラマス釣り 大森浜

大漁ではないけど、函館周辺でもサクラマスが釣れ始めて、しばらく函館を離れていてサクラマスを釣ったことがない僕は、マスの強烈なヒキと美しい体を楽しむべく、足繁く函館近郊のサーフへ。

初めての魚種を狙う時って、まずは生態を調べて、必要なルアーやタックルを勉強して、一通り揃えてから狙っているんですが、今回も一通りそろえて通ったにも関わらず、何も釣れないまま釣行は14回目。

沖では跳ねているし、釣れている情報もある、しかも隣でも釣っているし間違いなくいるはずなのに何故・・・・・と心が折れそうな釣りでした。

これから釣り上げるまでのプロセスを書いていこうと思うけど、話を聞いたり周りの釣果などを見て、なんとな~く思ったのが、サクラマスを釣るにはとにかくキャスト回数

投げて投げて投げまくるしかない!ヒラメと一緒だね。

函館の大森浜でサクラマスを釣り上げるまで

函館のアングラーさんだったら、何百本も上げている人はいっぱいいると思うけど、ここではサクラマス初心者さん向けに参考になればと、僕が色んな人に聞きながら試した方法や思ったことを書いていこうと思います。

結局はキャスト回数って結論に至ったんだけど、こういう考えながら釣りをする流れも楽しいでしょ^^

サクラマス釣り用に用意したタックルとルアー

【タックル】

  • ロッド~ダイワ ラテオ90M
  • リール~シマノ ツインパワーXD 4000

【ライン】

  • ライン~PE1号
  • ショックリーダー~フロロカーボン20LB

僕はラインとリーダー以外は、ヒラメや夏のショアブリにも使えるタックルにしていて、ツインパワーXDは発売されたばかりのものを、この度購入!

3キロや5キロ以上の板マスも掛かる可能性もあるって事だったんで、どんだけ走るかわからないし、混雑する場所で走らせて迷惑かけちゃいけないので、ちょい強めのタックルバランスですね。

【ルアー】

  • ジグミノー~シマノウインドリップ 95

ショアブリの時から使っていたシマノのウインドリップ。カラーバリエーションはナチュラル系とアピール系、クリア系の3色の使いまわしです。時間帯とか水の透明度で変えるってよく聞くんですが、ブログを見たり釣っている人を見ると、どんな状況であれ釣れている人のカラーが全然違うんで、結局は魚がいて前をいい感じに通したら釣れると思います。

気分転換に変える感じと、釣れた後にどうして釣れたかの理由づけをしたいもんですしね^^;

ジグミノーを使っていた理由としては、以前港内で女子高生アングラーがフローティングミノーでサクラマスを釣り上げた時に観察していたんですが、結局は弱ったベイトをしっかり演出できる(アピールが大きい)ものがいいと考えたことと、ジグミノーだと大きなアピールをしながらも飛距離を伸ばせる事の2点からです。(弱って側面を晒してキラキラしていたイワシのみ捕食していたんで。)

  • 岡クラフト/岡ジグ

岡ジグは見た目が気に入ったのと、水に入れた時にいい感じのフラッシングをしていたので使っていました。これからはヒラメにも使えるだろうし、途中からはジグミノーばかりでしたが購入して良かったかなと。

この他にも、前から持っていたスプーンやジグなど色々試しましたが、色んな情報を頭にいれてたどり着いたのがジグミノーでした。

大森浜のサクラマスポイント

大森浜

湯の川方面もいれると、サーフであればどこでもいいとは思います。ただ僕の見た限りでは、毎回釣れるポイントはある程度決まっていて、釣れているのはしっかり潮目が沖まで出ているポイントばかりでした。

たくさん回遊していると、どこでも釣れるんだとは思いますが、潮の流れに集まったプランクトンを捕食するために小魚が集まって、その小魚を捕食するためにサクラマスが岸寄りするので、どんな魚も一緒ですが、何もないところよりも、地形変化やカレント(離岸流)、潮目がしっかりできている場所に移動しながらのランガンの方が釣れそうですね。

そういう場所には人が集まっているので見たらわかると思います。競争率が高いですけど^^

路駐は迷惑がかかるので、基本はめんどくさがらずとめられる場所にとめてランガンスタイルか、近隣の人に聞くと、とめさせていただけたりします。

こんなもの?初めてサクラマスを釣った感想

大森浜のサクラマス

色んな知識をつけて、後はとにかく通うのみ!何度も心を折られながらも潮目に向かってキャストを繰り返す。投げては巻いて投げては巻いてを繰り返す事14日目。

この日は濁りとうねりが凄くて、ルアーを回収する頃にはキャストポイントより右に30メートルくらい流される始末で魚がいる気配もない。ただ目の前でたま~にベイトが跳ねているのがすっごく気になる。

4時30分から始めて、時間は6時を回る。(満潮は6時)

僕   「もう心折れそうです・・・・・

Hさん  「釣れる気配0だね。誰も釣ってないしそろそろ帰ろうか

ぼーっと沖を眺めながら、だらだらっと超低速リトリーブ。

手前で波にもまれて浮き上がるルアー。

その時!

ゴフっと海面から浮き上がる銀色の魚体!そして目の前でひったくられるジグミノー!波にもまれてラインスラッグある状態だから当たりもわからんかった。

僕の立ち位置が①で、釣れたポイントが②だとするとこんな感じ。

大森浜サーフ

ちょっと待ってくれと。これまで散々沖にキャストしてきた苦労をかえしてくれと。ツインパワーの気持ちがよく出るドラグを楽しみたくてユルユルに設定していたのに、2回ほど水面でバチャバチャさせたのちに丘へ。

追いかけてきたとは考えにくいし、たまたま目の前にいた先ほど跳ねてたベイトを捕食しにきたところにルアー通したんだね。

潮目を意識?早巻き?全く関係な~~~~~い。(基本は大事です)

釣りってこんなもんだよね。リール10回巻いたかな・・・・・。あっさりあがりすぎて嬉しかったけど感動は0。

サクラマス

55センチの2キロ弱!初めてにしてはいいサイズなんだろうけど、釣れるまでのプロセスがぁーーーーー!

それでも後から見ると、すっごく綺麗な魚で沖でかかるとヒキもそれなりらしいので、次は3キロオーバーや板マスを沖でかける事を目標に日本海釣行を予定してます。

これまで釣ってきた魚種では、釣れるまで一番時間がかかったけど、綺麗な朝陽を眺めながらの釣りは本当に最高で、これからも狙えるシーズンは通って楽しみたいと思う。

締めは堀田さんの木古内サクラマス釣行動画で。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

トップへ戻る