シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

函館の入船漁港の釣りポイント!とても素敵な漁港です

函館の入船漁港

函館山の麓にある入船漁港は、ファミリーから上級者さんまで色んな釣り人で賑わう漁港。釣れる魚種も数も市内の漁港の中では、イイ感じのバランスで楽しめます。

近いからから人が多いので殆ど行く事もなくなってしまった漁港ですが、ファミリーフィッシング、投げ釣り、ルアー釣りと色々楽しめる。

入船漁港の釣り

中での釣りも良いのですがテトラもかなり簡単で外海も狙いやすい漁港。

入船漁港の釣りポイント

時期によって色々いる漁港です。ここ一帯に青物が回るとテトラからの外海狙いで、フクラギ、イナダ、ワラサも釣れる漁港です。入船漁港と言えば、最近もチラホラ釣れてるとは聞いてますがイカですよね~。

春と秋に港内でカレイが釣れます

投げ釣りはもう全然やっていませんが、港内の船道狙いで良型のカレイが狙えます。マコガレイが多かった記憶があります^^ただ投げ釣り師さんに人気があり、良い場所は入られている可能性が高い。

春や秋・冬はヤリイカ釣りで賑わう

2021年!堤防や漁港からヤリイカを狙うウキ釣りのやり方!注意点や必要な道具など
さぁ2021年、秋のイカラウンド始まりました。鮭、ヒラメ、ソイ、イカ、戻りブリと美味しい季節!ここ数年は鬼のようなイカ激減傾向できつい釣りになっています...

ここでも紹介している漁港で、函館のイカ釣りと言えば入船漁港に入る人が多い。混んでますが、他の漁港よりは釣果にも期待できてテトラもかなり安全なんで、とにかく釣りがしやすい。

秋~冬になると港内や外海で、エギを使った豆イカ釣りも楽しい。

秋~冬にかけてたくさんカジカが釣れます

2017年の釣り初めは、入船漁港で巨大カジカ釣り!
入船漁港での、ワームや餌を使ったカジカ釣り日記です。

カジカが岸寄りするシーズンになると、港内でも外海でもカジカを狙えます。最近減ってきていると言われるカジカですが、去年くらいまでなら投げ釣り師さんがかなり釣っているのを見かけました。

港内は根がかりするので、ワームを使った釣りがおススメ。

冬はクリガニもたくさん釣れます

ファミリーフィッシングで楽しいのがクリガニ釣り!

たくさん釣れるのは冬ですが、春くらいになると大きくなり味もよくなるそうです。カニ釣りは混んでいるんで、やろうやろうと思いながら僕はまだ手を出していませんが、子供は楽しいでしょうね~。


タモのサイズなど注意点もあるので、お近くの釣具店に聞いてください。

ヒラメもそこそこ釣れています

ここでがっちりヒラメを狙う人は少ないのですが、ロックマンが外道でよくヒラメを釣っています。たぶんちゃんと狙って通ったら、それなりに釣果には期待できそうです。

ソイは黒ソイとハチガラが狙えますが魚影は薄い

ロックマンが多いので、特に港内のソイは居なくなる勢いで釣られまくっています^^;

テトラの際や根を狙うとハチガラも釣れます。ここの漁港で大型のソイは聞いた事がないので、ワンちゃんあるかもしれませんがライトなナイトロック場所ですね。

アイナメ漁港周辺エリアの方が釣れます

入船漁港のアイナメ

入船漁港内でもアイナメは釣れるのですが、周辺の方が圧倒的に魚影は濃いです。特に漁港横から函館山の麓の、元海水浴場方面まで繋がるゴロタ地帯は大型のアイナメやソイが狙えます。

立ち入り禁止や駐車場は注意が必要。

サクラマスの回遊もあり

函館山周辺はサクラマスがたくさん回遊しているので、もちろんこの周辺も回遊しているわけですが僕は通う気にならず^^;

2020年は早い時期に回遊があって、入船漁港の外海側で爆釣していましたがタイミング次第でしょうか。ここくるなら、もっと期待できる時期に他行くかなと言ったところです。

入船漁港はファミリーフィッシングとイカ釣り

港内にチカ、イワシ、アジなどサビキで楽しめる魚が入ってきた時にファミリーで楽しめる漁港ですね。それと時期になったらヤリイカ狙いくらいでしょうか。

市内なんですが、微妙に僕の家から遠いので足が遠のいています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

トップへ戻る