シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

魚がどんどん減っている2019年の函館の釣りを振り返る

函館のスルメイカ

もう釣りに行く予定もなくなったので、1年の締めでもある2019年の函館の釣りを振り返ってみる。今年はイカ釣りでボウズ続きを喰らいまして、僕の中ではメインターゲットなだけに満足できなかった1年でした。

イカは買う事もあまりないので食べていなかったのですが、久しぶりにリーダーからマイカをもらい早速食ったら、やっぱりイカ最高よ~~。

函館のマイカ

2019年函館の釣り

綺麗な朝焼け

漁師さんの話しをよく聞くので、ここ最近の函館の海の異常っぷりは聞いておりますが⇒函館水産業PDFを見ても魚種によっては、数年後にはいなくなるんかな?と思うくらいの減少っぷり。

青森周辺に住んでいた魚が函館周辺でも獲れるようになっているのを聞くと、やっぱり海水温が上昇して、海水温に合わせて魚の種類も変わってしまうんですかね。今年はタイとシーバスが多かったみたいなんで、それはそれでアングラー的には嬉しい変化ではあるんですが、漁師さん的には獲れるもんが獲れないときついらしいし・・・・。

1月は小さいサクラマスに遊んでもらった

ダイソージグで釣れたサクラマス

手がかじかんで、鼻水を垂らしながら釣りをしていた1月。たまたま入った日に群れが多く回遊している日が多くて、短時間でサクサクっと釣れる展開が何度が続いた。

12月中旬くらいから日本海で始まるサクラマス釣りですが、初物釣りたさに何度が通っていて釣れた嬉しさはあったものの、サイズがあまりに小さいので無理してこの時期やらんでも良いという結論に至りました^^;

2020年は、4月か5月くらいからヒラメの様子を伺いながらやろうかなと。

2月と3月は釣りお休みしていた。ヴィーガンさんにボロクソ言われる

ダイソージグオレンジで釣ったサクラマス

2回くらいサクラマスを狙いにいった記憶がありますが、寒すぎてやってられなくなり、2月3月は魚もいないし肉体的にもきついので休むのが一番ですねw

そしてこの時期、釣りに対する気持ちの変化が生まれる出来事があった。

ヴィーガンの人と話す機会があって、普通に話しをしていたわけですが、アングラー的にはボロクソ言われたような感覚がありまして・・・・。そこで色々と考えさせられた事が、釣り人っていかに命の扱いが雑かって事ですね。

●ヴィーガニズムについては⇒「ヴィーガンとは?

漁港などで釣れる、釣られまくってボロボロになったソイなんかを見て嫌だなとは思っていたのですが、ゲーム性とか言って魚をかけて苦しませてはリリースとか、やってる事は残酷すぎますよね^^;

ヴィーガンの人がどうであれ人は人なんで釣りをやめる気持ちにはなりませんが、グサグサ刺さった事は確かなので、ターゲット以外はなるべく釣らないように、ロストしないようにを心がけるようになったかな。

4月~5月は日本海でヒラメ祭りを楽しんだ

日本海の50センチ弱の鮃

4月はおとなしくしていて、5月になるとホッケ狙いで日本海へ。

完全にイワシのお陰としか言いようがない、ヒラメフィーバーに遭遇しまして上ノ国と江差で狂ったようにヒラメが釣れました。

2019年!日本海の上ノ国と江差の漁港でヒラメ狙い。ベイトたっぷりでヒラメ祭り。
ちょい久しぶりのまともな釣りは、5人で日本海へ。 僕~完全なホッケ狙い。 前さん夫婦~サクラ釣れたらいいなぁ&ホッケ。 ...

場所によりますが日本海の磯で粘れば、修行と言われるヒラメでもボウズはあまりないと言われるくらい魚影が濃いのですが、更にギュッと魚影が濃くなった良い日にあたったようですね。やっぱイワシ次第なんだよなぁ。ベイトいなきゃ居ない可能性の方が高いんすよねw

6月は近場でサクラマスが釣れまくる

戸井で釣ったサクラマス

サクラマスと言えば日本海!しかーし5月~7月くらいは函館全域(場所によって差がある)にバンバン回遊してくる事を知る。この頃はサクラを狙うアングラーも少ないし、たぶんポイントを知らないのかアングラーも全くいない。

6/15函館の下海岸(志海苔、釜谷、戸井方面)でサクラマス狙い。テキサスでかけてバラす。
「今日はサクラ50本に、ハチガラ18、アブラ子6にウグイとタナゴよ!アメマス少ねーな。そんでこねーのか?」情報をくれるのはありがたいですが、朝と夕マヅメ...

漁師さんから聞かないと絶対に入らないようなポイントだったのに、入ってみるとサクラとアメマスの魚影がとにかく濃かった。

通っている内にいつも跳ねる場所が数か所あって、そこを線で繋いで回遊ルートをピンポイントで狙っていると、活性が上がるマヅメの短時間釣行でもサクサクだった。この頃のマスの多くは3キロオーバーで4キロも混ざり、修行もほぼ無しなのでやってる事は作業ですが楽しい釣りだった。

6月後半になると近場で回遊ルートを狙って、あとはデカソイが釣れるポイントにサクラマスがたっぷり溜まっているので、通いさえすればいくらでも釣れる雰囲気がある。

夜のサーフでナイトロック。デカソイの鬼のような突っ込みに惨敗。
ヒラメを狙いたいのに、行くポイントでことごとく跳ねやがるサクラマス。底を攻めている最中に目の前でボッチャ~~ンと跳ねられたらそりゃ狙いますよね^^ ...

秘境のサーフで釣り。60アップのヒラメ。そして2本の太いサクラマスが・・・・・。
秘境のサーフで釣り!ヒラメ、サクラマス、デカソイが狙える魚影が濃すぎるサーフです。

こんな感じなんでサクラは寒い時期に、無理してまでやらんでもOK^^

7月~9月は天気がひどかった

函館港の夕日

2019年函館の7月~8月は、週末になると東の風が強い日が多く、天候的にも恵まれなかった。8月くらいに大森浜でソゲを釣って、家で育てる計画をしていたのですが、結局いかなかったぁ~~~。

10月からヤリイカ狙いを始めて12月で4杯・・・・・

2019年初物のヤリイカ

2019年のヤリイカ釣りはとにかく酷かった。場所によって良い日と悪い日があり、通いまくって良い日の更に良い時間にあたらなければボウズは当たり前の状況。

突然、定置網に大量にヤリイカが入ったりする事もあったようですが続かず、まるで間違って入ってきた群れにたまたまあたったような感じでしたね。最近も近場で大漁だったようですが、行くと釣れないのが当たり前なんで諦めちゃいました。

2019年函館の釣り 総括

とにかくイカがメインみたいなものなんで、イカ釣れてくれなきゃきつい。

食べて最高に美味しいイカ釣りだけは、一生続けていきたい釣りですが、他のルアーフィッシングに関しては魚種もそうですが飽きてきてます(笑)ルアーだけは買ってまーっす!

2020年は、美味しいしカニとㇵモ極めよっかな。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

トップへ戻る